{83A35F84-0E96-440D-9E76-A843CC5DF835}


私が習慣にしていることを、
先日から、書き始めました。



習慣になってしまっているものの中には、
何故、習慣になったのか?
わからないものもあります。


そうして、すでに、
無意識くらいのレベルになっている習慣が、
健康や、姿勢や、歩き方などに悪影響を与えていたら?


また、悪影響だと、、、
「わかっちゃいるけどやめられない!」なら、
一度、やめてもみて、
続けながら、観察していけば、
結果として答えが必ず出てきます。


私は、Blogの中で、
小学生の頃に何度も捻挫をしたと書いたことがあります。




実は、捻挫の後も、何も変えなかったのです。
原因を追求しなかったのです。


今から40年前ですから、
情報も乏しかったのです。


湿布を貼って、腫れが引いたら、
それで、治ったつもりでした。


今、思えば、わが家の習慣の中に、
捻挫を誘発するものがありました。


それに気づくまでは、
私自身もずっとその習慣を続けてきました。


という訳で、今回、お伝えする、
今の私が、習慣にしていることは、


②靴のサイズは、
自分の足に合わせる!


【ヒール同行ショッピング】や、
【くつばこ♡診断】でも、
沢山の方の足を見させていただき、
履いてこられた靴やヒール、
これまでの選び方をお伺いしてきました。


殆どの方が、ご自身の足より、
幅広サイズを履いておられました。
(幅広サイズが、足に優しいという、間違った認識をお持ちの方も多くいらっしゃいました)


ご自身の足より、幅広の靴の中では、
足が左右に揺れやすいのです、
揺れたときに、足の内側に力を入れるより、
外側に力は入りやすく、
それが捻挫の原因になります。


元々、踵が小さい方も、
靴の中で足が不安定になりやすいので、
踵が動かない靴を探すことも大切です。


私自身、踵が小さい方です。
そこに加えて、わが家の習慣が、
靴は大きめサイズを買うことだったのです。
(誰も悪くないのです。だからこそ、正しい情報が、誰にでも届いてほしいと思います)


大きめな靴は、踵から着地すると、
靴の中で足がグラグラするので、
ペタペタ歩いた方が歩きやすいのです。
(踵がないスリッパに近い歩き方になりやすい)


そして、大きな靴での運動は、
捻挫の原因にもなりますし、
グラグラするので、運動はしにくいのです。
私は、とっても運動音痴でした。


カラダを支える靴選びは、
運動や、姿勢や、歩き方や、
脚のカタチや、膝痛や腰痛などと、
切り離しては考えにくいかな?と、
私は思っています。


このBlogを読んだママさん、パパさんは、
お子さんの足のサイズに合った靴を、
選んであげてくださいね。


試着のときに、お子さんに、
「靴の中で足が左右に揺れるか?」
必ず、聞いてあげてください。
(つま先の余りばかり気にしませんか?また、いつも大きめを履いていると、感覚的に揺れて当たり前になっていたりもしますので、その修正も必要です)



*****



日常の中で、習慣だったことをやめたり、
変えてみたり、取り入れてみて、
結果が出たら、それは必要だったことです。


これからも、
私に必要だったことを書いていきます。


「もしかしたら、私にも必要なことかも?」
と思ったときだけやってみて、
続けながら、観察して、
結果が出なければやめて、
結果が出たら習慣へと落とし込んでみてください。


【ヒール同行ショッピング】や、
【くつばこ♡診断】は、
いつでもご予約いただけます。
東京へは、3月に出張しますので、
お問い合わせください。


また、大学生さんとの出会いから、
【学割!就活応援!ヒール同行ショッピング】
のメニューも作る予定です。


素敵な働く女性になっていただきたいので、
応援させていただきます!


このBlogを読んでくださった皆さんも、

靴のサイズは、
自分の足に合わせる!

ことについて、
今一度、考えていただけたらと思います。






機能美カラダメソッド 松本寛子
友だち追加