{F6D9859A-4D26-405B-BBAC-9BB5F597A197}

デイサービス施設様にて、
【ラジオ体操のための準備体操】
をお伝えしました。


今月で2回目。

こちらは先月の様子☆


ペースメーカー、人工股関節、
腰痛や膝痛、手が上がらない、
脚が不自由など、
受講者様のカラダに考慮しながらも、
柔らかく大きく動かせるカラダを目指しました。


☑️前屈で手の平が床につく
☑️手が上がりやすくなる
☑️後ろを大きく振り返りやすくなる
などなど。


動画は、手の平が床につく様子です!


これまでは、腰が丸まったままに、
手や背中を使った動きになっていたので、
手の平が床につきにくかったのです。


そこで、腰や背骨や股関節を解し、
ひとつひとつの動きを体験し、
理解してから挑戦していただくと、
床に手の平が、楽々と届きました。


腰を柔らかく使うバージョンや、
腰を伸ばし股関節を使うバージョンなど、
受講者様に合わせれば、
強度や目的も少しプラスできそうです!





いつも言われるのですが、
一番、私が楽しそう!
(そして、夢中で髪の毛ボサボサ!)



*****



動きやすいポジションにカラダを導き、
関節や筋肉の動きを知れば、
安全で、後々もカラダに良い体操が可能です。


ラジオ体操の動きを分解して、
全てに準備体操を施して、
この後でラジオ体操を行うと、

早く大きく動けること、
呼吸が深くなっていること、
カラダが温かくなっていることに、
気づいてもいただけました。


その気づきは、
日常生活の健康習慣とも繋がりますし、
繋がる様に、お話もしていきました。


また、来月も伺います。
そのときの様子もアップします。
(歩き方や、杖の使い方もお伝えします)


松本寛子を招致したいという施設様からの、
ご連絡もお待ちしております。


椅子に座ったままでできる姿勢セミナー
なども可能です。

{323DB1A6-8607-4E09-A3F5-74B15C9A618B}




機能美カラダメソッド 松本寛子
友だち追加