おすすめの一冊!

テーマ:

ブログを読んでくださって有難うございます。

スポーツ実況を中心に活動している
フリーアナウンサーの横内洋樹です。

初めましての方はこちらをご覧ください。


さてさて、
今日はぜひご紹介したい本があります!

3月20日に
徳間書店から発売されたこちら!


現在サガン鳥栖でプレーする
元スペイン代表
フェルナンド・トーレス選手の自伝です!

フェルナンド・トーレス選手が鳥栖に来た経緯。
はじめての日本での生活やJリーグの感想。
昨シーズンの残留争い。
異国の地・日本や鳥栖への想い。

さらには
同じ時期にスペイン代表でプレーして
現在は同じくJリーグでプレーする
イニエスタ選手についてや、
古巣アトレティコマドリードについて。

そして
自身のこれまでの人生を振り返りつつ、
己の信念や哲学について。

この一冊を読めば、
トーレス選手の人生や人となり、
日本、Jリーグ、サガン鳥栖に対する
想いが分かる一冊です。


実はこの本は、
WOWOWのリーガエスパニョーラ中継で
私が日頃からお世話になっている、
スペイン語の通訳を担当している竹澤哲さんが
実際にトーレスに直撃インタビューをして、
構成・訳をされたものです。

竹澤さん曰く
「とても濃厚なインタビューとなった。
トーレス選手の頭の良さ、回転の良さ、
そして真摯な人柄を実感したインタビュー」
だったそうです。

ぜひ「鳥栖サポーターの方はもちろん、
Jリーグにスペインの選手や指導者が
増えているからこそ、
その他のクラブのサポーターや
アトレティコサポーターにも読んで欲しい一冊」
との事です。


以前のブログにも書きましたが、
3月にクラシコの実況でスペインに行った際、
空き時間を利用して
アトレティコマドリードのホーム
ワンダ・メトロポリターノまで足を運びました。


その時に感じた事は、
トーレス選手は
今でも本当にアトレティコで愛されている、
スーパースターだという事。

スタジアムの内外には、
トーレス選手の活躍を記念したプレートや写真が
たくさん飾られています。


そんなスペインを代表するスーパースターが
どんな想いで今、日本でプレーしているのか。

ぜひこの一冊で感じてみてください!

比較的、文字が大きく書いてあって、
中高生のサッカー少年も読みやすい一冊です!

個人的には
単なるサッカー本ではなくて、
新年度が始まり、
新たな事に挑戦しようとする方におすすめの
人生を前向きに過ごすための
ヒントが隠された一冊だと感じました!



ちなみに、この週末は、
そのリーガエスパニョーラの
ベティス対ビジャレアルの一戦を
WOWOWにて実況させてもらいました。

リーグ戦は残り7試合で、
バルサの優勝がほぼ決定的な状況ですが、
一方で今シーズンは例年以上に、
来シーズンのチャンピオンズリーグや
ヨーロッパリーグ出場権をかけた4〜6位争い。
そして、残留争いが熾烈な状況です。

テクニカルで華麗なイメージのある
スペインサッカーですが、
この終盤戦は
意地と意地のぶつかり合いで
終了間際の劇的な展開が増えてきています!

ぜひ最後まで注目して、
一緒にスペインサッカーを楽しみましょう🇪🇸