ブログを読んでくださって有難うございます。

スポーツ実況を中心に活動している
フリーアナウンサーの横内洋樹です。

初めましての方はこちらをご覧ください。


さて、WOWOWの中継で
現地スペイン・マドリードにて
クラシコ実況を担当させてもらい1週間。

せっかくリーガ・エスパニョーラを
現地で体感して来たのだから、
少しでもリーガファンの方を増やしたい!

そんな想いで、
スペインのスタジアムを
いくつか紹介をしたいと思います!

まずは、レアル・マドリードから!

レアルと言えば、
昨夜、世界のサッカー界を駆け巡る、
大きなニュースがありましたね。

そうです、
9ヶ月ぶりにレジェンドのジダンが監督に復帰!

クラシコの連敗やCL敗退でチームが揺れる中、
再びジダンの元で、
来シーズンに向けて再建を図る、
レアルマドリードのホームスタジアム、
サンティアゴ・ベルナベウをご紹介します。


※これ以降の写真は
全てメディアパスポートがなくても
一般の観客でも撮影可能な場所での写真です。




80000人以上の観客動員を誇るため、
大きすぎて写真にはとても収まりきりません。

これだけ大きなスタジアムですが、
周囲は官庁街でビルが立ち並び、
マドリード市内の中心地にあります。




このスタジアムの特徴は、
何と言っても観客席が垂直にそびえ立っていて、
箱型の形をしたスタジアムである事。

観客席は全部で4層に分かれているのですが、
それが縦に縦に伸びているので、
ゴール裏やバックスタンドは
垂直にそびえ立つ壁のように感じます。

ゴール裏の写真から分かるように
かなり高さを感じる一方、
ピッチとはそれほど距離が離れないので、
最上段からでも選手がはっきりと見えて
なおかつピッチを上から俯瞰して見られます。

バルサのホームスタジアム・カンプノウは、
ベルナベウとは真逆で、
すり鉢状のスタジアムとなっているので、
それぞれ比べて見ると面白いですよ。


ご覧のように試合がない日は
スタジアム内のツアーも行われています。
今回、勉強も兼ねて空き時間に参加してきました。



前人未到のチャンピオンズリーグ13回の優勝。
現在は3連覇中です。

ただし、先週、アヤックスに衝撃的な敗北を喫し、
今シーズンのCLは、まさかのベスト16で敗退。

クリスティアーノ・ロナウドのいなくなった影響が
露骨に出た厳しいシーズンとなっています。




そのロナウド含めて、
フィーゴや監督に復帰したジダンなど
英雄たちの歴史の数々が展示さへています。


そして、個人的に感動したのはこの場所。


選手達がロッカールームから出て来て、
ピッチに入る直前に整列して待っている階段です。

普段のテレビ中継でも必ず映されています。

入場前の大事な時間で
独りで神経を集中している選手もいれば、
エスコートキッズに優しく話しかける選手、
さらには左側の柵の間から、
相手チームの選手と話している選手など、
そのスタイルは様々です。

昨シーズンまで在籍していた
クリスティアーノ・ロナウドは、
必ず最後方で階段に腰掛けて、
自分の世界に入り込んで集中力を高めていました。



その他にもロッカールームや
シャワールームなども見学できます!

レアルファンの方はもちろん、
サッカーファンの皆さん、必見です!

今後、実況の際に
こういった所で見た事、感じた事をお伝えして
これまで以上に視聴者の皆さんが
実際に現地を想像できるような
臨場感ある実況をできるように頑張ります!

第2弾へと続く‥