ブログを読んでくださって有難うございます。

スポーツ実況を中心に活動している
フリーアナウンサーの横内洋樹です。

初めましての方はこちらをご覧ください。


1ヶ月以上前の事になるのですが、
地元山梨のとある高校で
全校生徒に講演をさせて頂く機会がありました。

局アナ時代は
地元出身のアナウンサーという事もあり
こういったお話をいただく機会もあったのですが、
故郷を離れた今でも
このようにお声掛け頂き、ただただ感謝です。


このような素敵なお花まで頂きました。

私のような若輩者が
人前で語るなんておこがましいのですが
それでもこの仕事を通じて、
普通なら経験できない貴重なシーンに
何度となく立ち会わせて頂いているので
こう言った経験を若い学生に伝える事で
何かのきっかけになればと思っています。

それにしてもこのような講演をする際、
いつも感じる事。

それは人に何かを伝えるという事は、
突き詰めると、
自分自身の内面ととことん向き合うという事。

人様に偉そうな事を言うのならば、
自分自身は普段から、それができているのか?

自分の経験を人に伝えると言うが、
そもそも自分自身は、
幸運にも立ち会えてきたその経験を
まさに自分の血肉として、活かせているのか?

そんな事を考えさせられて、
自分自身に問いかける良い機会になります。


ちょっと話は変わりますが、
私は学生時代サッカーをしていて
ポジションはキーパーでした。

キーパーというのは
他のフィールドプレーヤーとは離れて
学年に関係なく、
キーパーだけで個別練習を行う事が多いです。

最年長キーパーは
「Teamキーパー」をまとめなければいけません。

最上級生キーパーだった私に、当時のコーチは
「人に何かを伝えると言う事は
自分の考えがまとまっていないとできない事。
例え自分がまだ未熟だとしても、
後輩を指導する事で自分の成長に繋がるよ」

こんな言葉を掛けてくれました。
まさにその通りだと思います。

人に何かを伝えようとする事で
結果的に自分が成長させてもらっている。

なんだか綺麗事の様に聞こえてしまいますが、
本当にそう感じています。

こういった機会を頂ける事に感謝して、
そしてこういった話の元になる
素晴らしい仕事の経験をさせてくださる
クライアントの皆さんに感謝して
これからも仕事に臨んで行きたいです。

ちなみに
今回お世話になった高校の最寄り駅からの1枚。


ローカルならではの単線です!!
このホームの反対側には線路はありません!

山梨はこんなのどかな風景がたくさんあります。