スポーツを応援する幸せ!!

テーマ:

こんにちは。

横内洋樹です。

週末はテレビ埼玉さんで
浦和レッズvs柏レイソルを
実況させて頂きました。



解説をして頂いた、
元日本代表でレッズのレジェンド、
鈴木啓太さんです。

現役時代からイケメンだなーと
思っていましたが、
実際に並んで写真を撮ってみると…
同じ人間なのに
この違いは一体何なのでしょうか???

いや、むしろ違いしかなくて、
共通点を見つけるのが難しい…。

学術的には、同じホモ・サピエンス??
性別的には、同じ男性??

それくらいしか
共通点が思いつきません…。

ただ顔がイケメンなだけでなく、
体全体から醸し出す雰囲気が
何というのでしょう、、、、

そう、「ダンディー」なんです。

立ち振舞い、
洋服の着こなし、
声のトーンなどなど、

全てに「大人の男」って表現がピッタリ。

改めて年齢を調べてみると、
僕がたった1つだけ年下…。
まさかのほぼ同世代…。
自分の幼さをただただ恥じるばかりです…。

このイケメン&ダンディーにも関わらず、
現役時代のプレースタイルは、
チームのために黒子役に徹して、
泥臭いプレーをとことんやりきる。

「それはサポーターに愛されるよなー」

1人でずっーと、
そんな事を考えながら隣に座らせてもらい、
実況をしていました笑


さてさて、
試合が柏レイソルが2対1で勝利。

全体的にレッズがボールを保持して
シュートチャンスも多かったのですが、
柏が狙い通りのカウンターで勝利。

試合後のデータを見ただけでは
決して分からない
サッカーの魅力がつまった試合でした。

印象的だったのが帰りの電車での事。

小学校低学年くらいのお子さんと
お父さんの親子でしょうか?
2人でレッズのユニフォームを来て
帰路につく途中の事でした。

子「今日は○○選手が良くなかった」
父「あのプレーはもっとこうするべきだな」
子「だけど△△選手は、
        次の試合はもっと期待できそう!!」

などなど
悔しそうに試合の振り返りをしていました。

応援しているチームが
負ければやっぱり悔しい。

だけど一方で
スポーツを通して親子の絆が深まる。
スポーツを通して週末の楽しみが増える。
スポーツを通して喜怒哀楽を実感できる。

勝ち負けは別として、
応援するチームが身近にあるって
本当に素晴らしい事!!!

そしてレッズのサポーターの情熱は
こういった方々の思いで成り立っている。

電車内の一風景から、
そんな事を改めて実感する週末でした。

ちなみにこの日はアウェイながら
柏レイソルのサポーターも約3000人が
応援に駆けつけたそうです!!

応援する方々がいてこその
スポーツですね!!




おしまい