ああ、9月(月刊誌『小原流挿花9月号』より抜粋) | 小原宏貴オフィシャルブログ「家元のひとりごと」Powered by Ameba

ああ、9月(月刊誌『小原流挿花9月号』より抜粋)

9月になると、何故だかヤル気が湧かず、体もダルい。
そんな経験をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私はひそかにそんな症状を「9月病」と名付け、毎年こじらせています。


短い夏。
うっとうしい梅雨の後にやってくる私にとっての季節の王様。
レジャーやイベントなど楽しいことは山のようにあり、蝉の声に響き渡る中、強い日差しを受け、草木があっという間に繁茂するのを見ていると、その溢れる生命力にワクワクします。
陸の植物も水ものもあり、写景盛花をいけるのも、夏が一番好きです。
そして、何より……ビールがうまい(笑)。


しかし、長らく待ちわびていたのに、嵐のように一瞬で過ぎ去っていく夏。
そして、容赦なくやってくる9月。
燃え尽き症候群のような症状なんでしょうか?
気が重いせいか、なんだか1年の中で最も長く感じます。

 

 

 

 

この続きは本誌にて。
(「小原流挿花」のご購読は、下記よりお申込みください。)
 

小原流教材カタログ「花もあ」