機上にて(月刊誌『小原流挿花12月号』より抜粋) | 小原宏貴オフィシャルブログ「家元のひとりごと」Powered by Ameba
2018年12月01日

機上にて(月刊誌『小原流挿花12月号』より抜粋)

テーマ:ブログ

花展や講習会、研究会などで全国各地にうかがうことの多いのが、なんといっても私の仕事の特徴のひとつです。
実は20代のうちに国内1都1道2府43県は全て制覇しました。
もはや移動するということ自体が、仕事の一部と化しているようにも思います(笑)。
そして、ちょくちょく外国に赴くこともあります。
どんな場所に行っても変わらぬものは、見上げれば空と太陽、夜には月や星のある風景であり、土地によって変わる空の青さや日の光の強さ、月の大きさを感じるのが、密かな楽しみです。



数年前に行ったスウェーデンでは、日本の空とは明らかに異なり、国旗の色に象徴される、当地の目に染み入る深い青に感動しました。
自分の好きな色なので、忘れがたいほど美しく心に残っています。



今年の夏は北海道の大雪山系旭岳へ。
ただでさえ真夏、かつ標高の高い山の上では、光のキツさがハンパなく、不覚にもサングラスを忘れたために、目が……。
その後は残暑が続きましたが、徐々に湧き立つような入道雲が減り、秋らしい筋雲と美しい夕焼けを目にする日が増えました。




 

 

 

この続きは本誌にて。
(「小原流挿花」のご購読は、下記よりお申込みください。)

小原流教材カタログ「花もあ」

小原宏貴さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース