【恐怖】鏡の向こうの私が別の動きをした!!!! | 頑張らない私の伝えたいブログ

頑張らない私の伝えたいブログ

佐賀県で霊能者として活動しております。
主にその活動や神仏とのやりとりの記録です。

私が日常で感じていることを、
時には宇宙や神仏、高次元の存在を通して書いております。
ある時はオカルト。
ある時は不思議。
真理は全ての方の中にある!!

**********************************************************

 

今日のバナーには、

自己受容し、自信がつくエネルギーを込めています。

 

このバナーをクリック(タップ)すると、

自分を許し、もっと愛し、自信が湧いてくるでしょう♪

自分に優しく、人にも優しくできますよ。

 

 

**********************************************************

 

オカルト大好きなあなた!

宇宙人のこと、

UFOのことをもっと知りたいあなた!

UFO呼んだり

いろんな実験したり、

秘儀を伝授されたり、

龍神を降ろしてもらったり。

一つでも気になれば、

【宇宙におまかせハッピー塾】へ。

☝ ☝ ☝ ☝ ☝ クリック or タップ ☝ ☝ ☝ ☝ ☝
 

 

 

 

4年くらい前になります。

 

 

 

お風呂に入っていました。

体と髪を洗い、

椅子に座って鏡で髪のチェックをしていました。

 

 

 

髪が薄くなったのが気になって仕方がないので

念入りに頭皮をチェックしていたのですが、

何気にシミが多いな~と顔にも目を向けました。

 

 

 

鏡をのぞき込むと、キメが荒い肌だな・・・と思いながら、

左手で手桶を湯船に入れ、お湯を汲みました。

一瞬、私の顔は左を向き、視線は鏡から外れましたが、

視界は鏡を捉えていました。

 

 

 

次の瞬間、

私の取った行動とは違う動きを

鏡の向こうの私がしたのです。

 

 

 

!!!!!!!!!

 

 

 

ぎょっとしたのは言うまでもありません。

鏡の向こうにも世界があるという話を

聞いたことありましたが、

まさか自分がそれを見てしまうとは・・・((+_+))ブルブル

 

 

 

急に怖くなりました。

もう、頭皮チェックなんてどうでもいいことです。

恐いので、背中をとにかく隠したい衝動にかられました。

 

 

 

恐怖で凍り付いた心も溶ける・・・なんてことを

考える余裕は当時はなかったと思いますが

湯船に浸かれば誰も入ってこれないと勝手に

自分を納得させようとしていました。

 

 

 

肩まで湯に浸かることで体は温まり、

リラックスするのに気持ちは恐怖でいっぱいでした。

 

 

 

それがあってからは、

私は鏡をまともに見れなくなりました。

いわゆる鏡恐怖症ってやつです。

 

 

 

朝、顔を洗い髪をとかす以外は極力、鏡は見ません。

 

 

 

自分と違う動きをした鏡の向こうの自分を

また見てしまうのではないかという恐怖は私の心に

トラウマとして残ってしまいました。

 

 

 

うちには、

洗面所、

トイレ2か所、

風呂場の他に

折りたたみの鏡が2つと

ドレッサーがあります。

 

 

 

折りたたみはしまい込み、

ドレッサーは鏡部分を布で覆い封印しました。

 

 

 

しまえない据え付けの鏡は仕方がないので、

極力見ないように気掛けていますが、

また違う動きをする自分を

見てしまうのではないかとびくびくです。

 

 

 

しかし、そんな予防策は何の役にも立たず、

また風呂場で見てしまいました。

 

 

 

今度は、鏡に映った私の目がまばたきをしたのです。

 

 

 

しかし、私であって私でない鏡の向こうの自分は男でした。

映っているのは私ですが、明らかに性別が男なのです。

 

 

 

とても怖く言葉に言い表せない感覚でしたが、

今度は打って出てやろうと鏡に映った自分を凝視しました。

 

 

 

しかし、鏡の向こうに意識を向けても何も起こらず

ただいつもの私が映るだけでした。

あれから、鏡の向こうの自分が違う行動をしたことはありません。

 

 

 

ですが、モラージュ佐賀(ショッピングモール)のトイレに

行った時に別の出来事がありました。

 

 

 

そこは、一番端にあり人がほとんど来ないトイレでした。

大きな鏡が合わせ鏡になっており、

入った瞬間、嫌な感じはしていました。

 

 

 

手を洗い、エアータオルで乾かしていたら、

私以外いないのに鏡の向こうには人がいました。

幽霊とかではなかったので、あちらの住人だったのでしょう。

ついに自分以外の鏡の世界の住人を見てしまいました。

女性でしたよ。

あ、そっか、当たり前ですね。

女性トイレなんですから・・・。

 

 

 

そうそう、

モラージュ佐賀の、そのトイレは今は封鎖され

入ることができません。

 

 

 

これが私が経験した鏡にまつわる恐怖体験です。

 

 

 

鏡の向こうには私たちの知らない世界がある。