**********************************************************

今日のバナーは、

癒しのエネルギーが流れるようにしています♪

 

このバナーをクリック(タップ)すると、

 

薬師如来様の癒しエネルギーが、
流れるので体調不良に効果があります。

特に眼精疲労の方にオススメです。

  本文とは関係ありません

 

**********************************************************

 

 

 

 

ワイドショーなどで犯罪者のことを知る人物に

レポーターがインタビューする場面が度々あります。

 

  • あの人は真面目だった
  • あの人がやったなんて信じられない
  • 穏やかな人でしたよ
  • 良い人でしたよ

 

なんてインタビューに答える知人や隣人、同僚がいます。

 

 

 

その人たちが見ていたものは

犯罪者の表面だけです。

 

 

 

良い人だった、真面目だった、信じられないという言葉が

出たとしても、実際犯罪を犯しているのです。

それが幽霊の憑依によるものだったとしてもです。

 

 

 

憑依された結果、大きな罪を犯した人を

お気の毒に・・・と思ったことがありました。

 

 

 

その瞬間、

 

気の毒なのは、

亡くなった者たちである。

罪を犯した者をフォローするかの如く

話す者たちは、犯罪者の本質が見抜けていない。

良い人と言われている人間の本当の姿、

本性は誰にも判らない。

本人しか判らないことだ。

時に、本人さえも自分の意外な一面が

あることに気付かない場合がある。

 

と、大いなる存在は話してくれました。

 

そして、

 

知らないだけで、

良い人と言われている人間でも、

どこかに必ず闇を抱えているものだ。

その闇が見えないだけ、

隠しているだけ、

隠れているだけ。

 

とのことでした。

 

 

 

なるほど~と思いましたね。

 

 

 

憑依された結果、犯罪を犯す人間は、

波動の低さゆえにヤバイ者が憑いてしまったということです。

従って、同情の余地はなしととのことでしたよ。

 

 

 

確かに、良い人は犯罪を犯しません。

人を傷つけたり、殺めたりもしませんよね(^-^)