月岡弘一オフィシャルブログ 【ひろかずじゃなくてひろか「づ」】
音譜羽仁プロデュース第2弾 「天爛のパティシエ」出演!
2019年5月14日(火)~19日(日)@八幡山ワーサルシアター

音譜121841produce 第4回公演「ブアメード」出演!
2019年7月4日(木)~7日(日)@築地ブティストホール

音譜WBB plus「ギャング アワー」出演!
2019年7月30日(火)~8月4日(日)@中野ザ・ポケット

晴れbamboo official fan site
チケット先行販売やサイト限定動画、スタッフダイアリーなどのコンテンツをお届け!

NEW !
テーマ:

ボンジーア!!!



ということで

 

 

天爛のパティシエ

 

無事全公演終了いたしました。

 

ご来場の皆様、応援いただいた皆様誠にありがとうございました。

 

観に来ていただいたうえに、お手紙、プレゼント、お花本当にありがとうございます。

 

 

久しぶりの劇場公演の主演という立場だったのですが

気負いせずにのびのびと演じさせていただけました。

 

それも、素敵なお客様、素敵なキャスト、素敵なスタッフさんがいてこそだと思います。

 

今回はドタバタコメディ

毎回汗だくでした。

 

でずっぱで喋りっぱなしで動きまくってスチールトレイで殴られる。(笑)

 

色々な経験をさせていただきました!

 

初日あくまで、お客様の反応がどうなるのか?とすごく考えていましたが、幕あいたら温かい皆様の笑い声、楽しんで見てくださってる表情などで、僕も非常にやりやすかった!!

 
 
あー楽しかったなー。
 
楽しいんですよーお芝居って。
楽しいんです。
 
やっぱ一つの作品が終わると寂しいっすなー。
 
っとまぁ、どんな歳になっても色々と挑戦できること。
感謝でしかありません。
 
さぁこっから先もどんどん色々な作品に関わっていけたらなと思います。
 
皆様も、ぜひ月岡という役者を、そしてなによりも作品を純粋に楽しんでもらえたらなと。
作品をみて、色々な事を想ってもらって、人と語るとかして楽しい時間を過ごしたり、明日からの活力に少しでもなれればなと。
 
 
っということで次回は。。。
 
121841produceさんの 第4回公演「ブアメード」 です。
こちらもお楽しみに!
 
 
 
ではでは。
 
また皆様とお会いできる日を楽しみにしております。



おぶりがーた!!!!!
 
 
 

 
 
・・・
 


 
打ち上げ2次会
30分だけ爆睡中の月岡です。
いつのまにか寝てしまっていた。。。
 
にしても、この寝かた、、、

寝かたすごかったので上げときます。
 

テーマ:
5月出演舞台の全情報が出揃いました。
皆さまご確認をお願いいたします。


羽仁プロデュース第2弾 
「天爛のパティシエ」
 作:羽仁修  演出:佐野瑞樹

■あらすじ
皆川は天真爛漫でちょっとおばかな天才パティシエ。

日本の有名スウィーツカフェにとんでもない好条件で雇われ意気揚々と海外から戻っ て来た。 

が、極度の方向音痴の彼が行き着いた場所はいろんな問題を抱え今にも潰れそうなカフェだった!! 

扱いの酷さに疑問を抱きつつもその店で働きだす皆川。

さらにそこへ様々な問題を抱えた客たちが続々とやって来る。

果たして皆川はその山積みになった問題を解決し、本来の店にたどり着くことはでき るのか!? 


■公演期間
2019年5月 14 日(火)~19 日(日) 


■劇場
八幡山ワーサルシアター
〒168-0074 東京都杉並区上高井戸 1-8-4 Toya ビル.3B1F


■タイムテーブル 
2019 年 5 月
14 日(火)19:30
15 日(水)19:30
16 日(木)15:00/19:30
17 日(金)19:30
18 日(土)13:00/18:00
19 日(日)12:00/16:00
<全 9 公演>
※受付開始は開演の 45 分前、開場は開演の 30 分前。 
※未就学児童入場不可


■チケット
《全席指定》
一般チケット 4,500円(税込)
特典付チケット 5,000円(税込)
※座席区分なし/特典:集合写真(全 2 種) 
2019年4月13日(土)12:00~

カルテット・オンライン(当日精算のみ)


■出演 
月岡弘一 

天野麻菜
伊藤佳織
瑠香

森訓久
岡田武義
高水裕樹
田中崇士

松川貴弘

向野章太郎

■スタッフ
脚本 羽仁修
演出 佐野瑞樹
舞台美術 福島奈央花
舞台監督 本郷剛史
照明 紀大輔
音響 志水れいこ
宣伝美術 nakatsu ikumi
撮影 宮坂浩見 
制作 小野智美 
プロデューサー 羽仁修 
企画・製作 羽仁プロデュース


■協力(五十音順) 
演劇集団イヌッコロ、株式会社アミューズ、株式会社 Enthena、株式会社 bamboo、劇団プレステージ、賢プロダクション、WBB、プラチナムプロダクショ ン、融合事務所

テーマ:
昨日情報解禁された「ギャング アワー」の詳細でございます!


今年は羽仁さんの作品が三本目になります。
嬉しいです。

天爛パティシエの皆川とは違った感じでこちらの大崎という役もドタバタしとります。


本読んだだけでもかなり笑ったので、こちらもお楽しみに!


WBB plus 
「ギャング アワー」 
脚本:羽仁修
演出:佐野大樹

出演者:
渋谷役    古谷大和
大崎役    月岡弘一
田中役    鐘ヶ江洸
赤羽役    大神拓哉
ホームレス役 小野友広

三鷹役    荒木健太朗
鮫洲役    佐藤永典

高田役 細見大輔 

公演スケジュール:
2019 年 7 月 30 日(火)~8 月 4 日(日) 
7 月 30 日(火)19:00
7 月 31 日(水)19:00
8 月 1 日(木)19:00 
8 月 2 日(金)15:00/19:00
8 月 3 日(土)13:00/17:00
8 月 4 日(日)13:00

劇場:中野ザ・ポケット
〒164-0001 東京都中野区中野 3-22-8 

チケット料金:(全席指定・税込/前売・当日共)5,500 円 

一般プレイガイド発売:2019 年 6 月 22 日(土)10:00

★最速チケット先行予約を 5 月上旬に行います!詳細が決まり次第お伝えいたします! 

公式 HP:http://www.w-b-bros.jp/
公式 Twitter:@wbbrothers お問い合わせ:WBB事務局 info@w-b-bros.jp

テーマ:

どうも。

月岡です。

 

大正☆クインテット

 

何事もなくすべての公演が終了いたしました。

 
ご来場の皆様誠にありがとうございました。
 
 
 
いつもお手紙プレゼントなど本当にありがとうございます。
励みになります。
 
今回キジリという役をやらせていただいきました。
ポジション的には悪役側という感じではございましたが。。。
 
私は悪と思わず作らせていただきました。
なぜキジリだけが、白を基調とした衣装なのに、黒が多めなのか、、、?とか。
 
皆様にとっても謎の集団だったのでは。
彼らの過去はあまり語られていません。そう、謎なんです。
昔に何があったのか?なぜ彼らは今こうしているのか?
でも、彼らは彼らのやり方でこの世を良くしたいという一心。
それぞれの正義があります。
そんなことを考えながらキジリと向き合っていくうちに内に秘めている想いが壮大なもので、すごく複雑な心持なんだと。
劇中でもあまり多くを語らなかった白装束たち。今回は表情だったり、空気感でお芝居を作るということをしていきました。
ふと目に留まったとき、キジリや白装束達の表情を見てもらえたらなぁと。
セリフのない芝居のほうがすごく難しい。
やりすぎてしまうと、意味を提示しすぎると、メインの場面をつぶしかねないし、塩梅が難しかったですが、、、
冨江さんがもっとやってもいい。と声をかけてくれたとき吹っ切れたなー。
 
見てくれていた。
嬉しかった瞬間。

 

 

そんな冨江さんの演出のもと、のびのびと自由にやらせていただき、今回の現場は自分自身の力がすごく試される役者としては非常に緊張感のある稽古、本番となりました。
 
白装束グループは本当にストイックな方々ばかりで、みんなでコミュニケーションをとり、あれじゃないこれじゃないと作り上げていく過程がすごく楽しかったなー。


本当に今回も素敵なキャストさん、スタッフさんに出会えました。ありがとう。

特に、憲兵隊の皆様大衆の皆様は本当にすごい。裏のお仕事もしながら面では世界観の構築をしてくれて、そしてアクションなどで動き回り場面の空気の作成。
 
頭が上がりません。最強かよ。
ありがとう。

あとは、白装束のスピンオフとか普通に観たい。(笑)


あ、
 
また私の話に戻りますが、アクションにも挑戦させていただき、そして新たなポジション、新たな役柄にも挑戦できて、本当に毎回挑戦の連続だと思います。
 
まだまだいろいろな表情を皆様にお届けできるようがんばらないと!
 
 
 
 
さぁ次は少し間が空きまして
 
5月は劇場の公演としては、片恋。ぶりの主演でございます。
 
天爛のパティシエ
 
こちらも皆様ぜひとも見に来てください。
 
主演、、、本当にありがたいことです。
 
間が空くので、ゆーっくりしたいと思います。
 
 
では、大正☆クインテット
改めまして、ご来場誠にありがとうございました。
 
では、また。
 
 
つきおかひろかづ





テーマ:
終わりました。

いえないアメイジングファミリー


無事に全公演終了。


ご来場の皆様応援してくださった皆様誠に誠にありがとうごしまいました。


また、プレゼントや差し入れ、お手紙、ステキなお花達。

こちらも感謝感激でございます。

舞台に観に来ていただけるという事だけでも、私にとっては最高のプレゼントなんですが、お時間を割いていただいて、プレゼントを選んでくれたり、お手紙書いてくれたり、お花を選んでくれたりと…


いつもありがとうございます。
本当にありがとうございます。




そして。



イヌッコロさんの本公演に参加できると決まった時は嬉しすぎたのを覚えています。

あれもだいぶ前だなぁ…


また新しい役にも挑戦させていただきました。

押入れに飛び乗る技術なら誰にも負けねぇ気がするぜ。


まぁ押入れの角にニーキックかましたり、脛をぶつけたの良い思い出。


作品も本当に素敵で、役として居なければいけないのに、稽古段階ではラストシーンにて涙をこらえる日々もありましたなー。

きっと観て頂いた皆様にはこの気持ちが伝わると思います。


稽古も本番も毎日楽しく、あっという間に終わってしまった…。



そして、素敵な役者さん、スタッフさん、お客様に囲まれ、楽しくお芝居をさせていただきました。


今後とも

芝居を通して皆様に楽しんでもらえるようがんばりますね。

うん。

やったるぜ。


今年のスタート好調。


突き進みやす。


さて!


打ち上がってきます。

ビールが俺を待っている。



では、また。


悪霊役月岡弘一




Ameba人気のブログ