もう増税延期は確定か? | ひろのひとりごと

ひろのひとりごと

日本は財政危機ではありません。
日本にはびこっている財政破綻論に異議を唱えます。
「日本経済が頂点に立つこれだけの理由」にて作家としてデビュー致しました。
※当ブログのグラフは自由に使って頂いて構いません。


テーマ:
いつも応援ありがとうございますm(_ _)m


SPAの最新の記事はこちら
世界経済危機には「減税」で対抗せよ【経済ブロガー・山本博一】


さて、ここ最近政府要人から、来年の増税強行を疑問視する声がちらほらと聞かれるようになりました。
良い傾向だと思います。

「来年の消費税再増税は絶対すべきでない」 本田悦朗内閣官房参与
http://www.sankei.com/economy/news/160222/ecn1602220033-n1.html
『--平成27年10~12月期の国内総生産(GDP)は2期ぶりのマイナス成長だった  「経済が足踏みしているところがある。消費が伸びてこないのが最大の問題だ。2年前の消費税増税の影響が消えていない。その中で(消費者が)来年4月の消費税再増税を予想し、節約している。消費が伸びないと企業マインドも落ちる」
 --来年の消費税率10%への引き上げは延期すべきか
 「(その時期に)消費税再増税は絶対にすべきではない。26年4月の8%への引き上げは間違っていた。財政を機動的に使ってデフレマインドを払拭しないといけないが、それと消費税増税はまったく逆の方向を向いていた。同じ間違いを2回してはいけない」

全くその通りです。同じ間違いを二度も繰り返してはいけません。
(97年の増税を含めると3度かな・・・)

次に増税したら確実に日本経済は崩壊します。

さらに意外な人物、政調会長の稲田氏からも次のようなコトバが飛び出しました。

自民・稲田氏「消費増税、経済が壊れてまでしない」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H04_R20C16A2PE8000/
『 自民党の稲田朋美政調会長は21日、フジテレビ番組で2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて「日本の経済が壊れてまで増税するということではない」と述べた。  番組終了後、記者団に「現時点では引き上げに向けてやっていくが、硬直化したものではなくて柔軟に対応する必要がある」と強調した。原油安や中国経済の失速といった世界経済の状況を見極めて判断すべきだとの認識を示した。』

昨年稲田氏はどちらかと言うと、経済成長による自然増収を否定し、確実に消費税増税で財政健全化を図るべきとの意見が強かったと思いますが、ここに来ての増税への慎重発言。これは非常に重いと思います。


前回、10%の増税の延期を決定した2014年の時の増税政局では、安倍首相が衆議院解散をほのめかすような発言をするまで、政府の要人の間において、増税への慎重意見はあまりなかったと思います。選挙モードになったら雪崩を打って増税反対に傾きましたけどね・・・
(本田参与は当初から増税に反対していましたが)


その理由は簡単で、財務省に目をつけられるのが怖いから。政治資金問題を掘り起こされて政界から抹殺されるのはゴメンですからね。
ですが、選挙が関わってくるとそうも言ってられない。選挙に勝つことが圧倒的に優先順位として高いので、もう財務省の目なんか気にしてる場合じゃなくなるわけで・・・、なりふり構ってられません。

これ、政治家としての信念、姿勢としてどうなのかとは思いますが、まあ、しゃーない部分はあるかなと思います。理想、信念だけで政界を生き抜くことはできませんので。

ところが今回はというと、まだ衆議院の解散があるかどうか分からない時期から、政府要人、与党議員の中で増税に対して慎重意見を唱える者が続出。

これはおそらくですが、財務省の力がかなり弱まっていることの証左なのかもしれません。我々のこれまでの財務省バッシングもとい、財務省と消費税との関連付けの工作がジワジワと効いてきたのかもしれません。

まあ、今の財務次官は首相官邸への出入りが禁止されているみたいですので・・・、こんなことは昨年までは考えられませんでした。

あと、世論の変化も大きいでしょう。産経新聞のアンケートによると

世論調査 主な質問と回答(2月)
http://www.sankei.com/politics/news/160222/plt1602220028-n1.html

《来年4月からの消費税率10%への引き上げ》
賛成35.2     反対60.7        他4.1

消費税増税への反対は60%以上ともう圧倒的です。
これもう、消費税増税を公約に掲げて選挙に勝つことは、かなり厳しいのではないでしょうか?

財務省の権力の失墜
世論の増税反対の盛り上がり
世界的な景気の失速

もうかなり、増税延期、凍結の下地は整ってきたように思います。

しかし、まだ確定したわけではありませんので、最後まで油断せずに増税反対を訴えていかなければなりません。できれば、もっと追い込みをかけて消費税の減税にまで持ち込みたいですね。

【2月21日配信】ゆる~く学ぼう!日本経済 第14回「もうすでに増税の根拠は崩れた」杉田水脈 山本博一【チャンネルくらら】


世論は増税反対が大多数。増税を公約にしたままだと選挙確実に負けますよ? と思われた方はクリックをお願い致しますm(_ _)m
 ↓

人気ブログランキングへ


山本博一(ひろ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス