世の中いろいろだな。 | Yokozukinのブログ

Yokozukinのブログ

下手の横好きんちゃんが、ダメで下手な趣味を語ります
仕事も趣味?でも下手だけでは終わりたくない!!


テーマ:

以前のブログで外国人が日本に多くやってきている

ことを書きましたが、多種多様な国の人が来ていることには更に驚かされます。

国名は聞いたことがあっても、正確に場所を聞かれると示せないような国からも・・・・

最近、自宅のリビングに世界地図を張っています。

それを見ながら「へぇ~こんな場所にあるんだ」て確認しながら

テレビを見るようになって、初めて位置が分かるようになった国も多くあります。

それはそれでまた楽しい。

 

子供のころに「覚えてきなさい!」て先生に言われても、そっぽを向いていたのに、今ごろそんなことに関心を向けても誰も褒めてはくれない。 やるときにやらないといけなかったんだな。

 

アラブ諸国の人もかなり日本に来るようになりましたが、陸続きのヨーロッパと比べたら比べ物にならないくらい少ない。

その意味で言えば、難民も来ないし島国だってことが幸いしていて、難民の問題は他人事にできる

やはりヨーロッパは大変だ。

 

お国柄にもよるが、日本以外の国では宗教による教えは絶対で、考え方も生き方もそれが根本になっている。

それを上手く受け入れている国もあれば、フランスのようにプライドの高い国は、すべて自国のしきたりに合わせるべきだ、と考えて宗教観の違いからアラブ難民と問題が起きる国もある。 

しかも、アラブの人は「見知らぬ神を拝むより、勝手知ったる悪魔の方がまだましだ」と言うぐらいに宗教心が強い。

だから、フランスでのテロが多いらしい。

 

って、こんなことを知ったかぶりで書いていると、「そんな宗教や神なんか信じても」っていう人も多い。

なのに、そんな人に限って、困ったときに「神様、仏様」ってお願いする。

死んだ人に仏様ってお願いするのも日本人だけですがね。

 

そんなことより、枝豆にビールで一杯、にするか。

触らぬ神に祟りなしだな・・・・でも、日本はいろんなところに神様はいるからな。 

山の神、海の神、入り口、玄関、台所・・・キツネまで

それはそれで大変だ。

フランス人は、絶対に受け入れてくれないな!

 

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

にほんブログ村

下手の横好きんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス