誰が一番親切? | Yokozukinのブログ

Yokozukinのブログ

下手の横好きんちゃんが、ダメで下手な趣味を語ります
仕事も趣味?でも下手だけでは終わりたくない!!


テーマ:

かなり前まで小銭は、ズボンか上着のポケットにそのまま突っ込んでいた。

支払いの時には、そこからじゃらじゃらと取り出して会計することも。

 

たまに財布の中を覗くと、思っていたよりも札が少なくなっていて

お金が合わない気がすることがあった。

そんな時、ポケットの中の小銭を取り出してみると、500円玉も何枚かあって、4,5千円が小銭になっていることが頻繁に。

 

面倒だと思って、すぐに札で会計をすることが多くなっていて、小銭が増えていた(札は減っていた)・・・ということだった。

 

洗濯したときに、カラカラと洗濯機が鳴っていると、中に小銭が回っていることもあった。

注意・指導を受け、ようやく小銭入を購入することにした!

 

すると、今度は不思議なもので、端数の小銭までしっかり払いたい衝動に駆られる。

小銭入れの中を隅々まで探して、無駄なく支払するようになった。

お婆さんが、がま口をほじくり返しているのと一緒だ。

 

その上、小さなお金で端数を払い、細かいお釣りが発生しないようにしようと心掛けるようになった。

532円の支払いに、602円を払って70円のお釣りを貰うように!!

余談だが、アメリカだと、金額を超えるお金を出した瞬間に、嫌な顔をされて小銭は戻されてしまう。  彼らは引き算が出来ない!!

 

そうやって、小銭を増やさないようにしようとして、間違えて変な支払いをすることもある。

1、857円の支払いに2,043円を払った・・・・(どう考えたのか自分でもわからない) お釣り、186円何を考えた、小銭が増えた。

でも、日本の店員さんは親切だ(レジが計算するんだけど)、不思議そうな顔はするけど、嫌な態度も小銭を突き返すこともない。

 

先日、灯油を買いに出かけた。

そこは、機械で支払いも給油も自動的に行うところだった。

2缶36リットル 3,320円。 札も小銭もあると思っていた。(確認もしていなかったが・・・)

 

千円札を1枚2枚、3枚入れ残りの小銭を入れようとしたら、300円しかなかった。

札入れを覗くと、千円札はなく、5千円札だけ!

仕方がないので、不足金に5千円札を入れた。 ちゃんとお釣りが返ってくるのか、とても心配だったが、もはや入れてしまった。

投入金額は、8、300円だ。 

しかも、お釣りは給油後でないと計算されない。 とても不安だ。

 

入れ終わると、機械の画面が清算しますか?との表示になっていた。

と、と、当然だ・・・・タッチすると一瞬の間があったが、正規に釣銭は戻された。その一瞬の間の長いこと。

お釣り、4,980円・・あと20円あれば、5,000円のお釣りだ。(なんのこっちゃ)

アメリカ人より、機械の方が親切だな。 ほっと一息。

 

家に帰って奥さんに、灯油代を貰おうと、レシートを渡すと、

「何ていう支払いの仕方してんの??」

投入の順番も金額もすべて記載されていた・・・・

 

ボケたとでも思われたのか?

機械よりもアメリカの店員よりも、うるさい!!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 戦うサラリーマンへ

にほんブログ村

 

下手の横好きんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス