親と子の読みあい vs 正義感? | Yokozukinのブログ

Yokozukinのブログ

下手の横好きんちゃんが、ダメで下手な趣味を語ります
仕事も趣味?でも下手だけでは終わりたくない!!


テーマ:

「いいから放っておいて!」

「あんたは、一人でずっとそこに居な!」

 

なんの話かって?

あるス―パーで、通路に寝転んで駄々をこねている

子供(泣いて何かを叫んでる)のことで

「いいのか?」ってお父さんが、母親に声をかけたときの

返答だ。

 

今は小さな子供を連れ立つ親子や、年寄りに気遣うことが前提になっていて、

建物もそんなことを配慮した作りになってきている。

生活弱者に気遣うということか。

 

それはいいことなのだが、「特権」を与えられていて、なんでも許されているわけではないのだが、勘違いしてしまっているのではないか、と感ずることがある。

 

子供は泣くし、騒ぐことも仕事だけど・・・・

他人が注意したとしても、

「うちはそういう教育方針なんで、甘やかさないんです!」

そう言われそうだ。 だけど、公共の場の通路で寝転んでいいはずがない。

自分の家の教育方針で、他人に迷惑をかけているのだ。

家の中でやるべきことを外でやっていることになる。

(子供も外にいるから、親も気遣うだろうと読んでいるのだろうが・・・)

 

ある時、ショッピングセンターで兄弟と思われる子供二人が

エスカレーターを走りながら登ったり下りたりを繰り返していた。

周りの人たちは、危ないし迷惑だという目で見ながら、それをよけながら通り過ぎている。

親はそれを気にして、やめさせよう、などといった気配はまったくない。

 

その時、一人の女性が、

「君たちね・・・」  (正義の使者だ!)

と一声かけると、上で待っていた母親がようやく戻ってきて

「ほら、早くいくよ」

「走るのやめないと、オバちゃんに叱られるよ!」

オバちゃんに叱られるから??? それはないだろ!!

 
おっと、正義感の女性の反撃が始まるぞ。
 
「あのね! オバちゃんじゃないわよ!!」

反撃はそこか?

 

誰が生活弱者なのか、もしかして周りで我慢している人たちではないのだろうか?

わからない世の中になっている気がする。

強いオバちゃんに期待する。

 

下手の横好きんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス