この投稿をInstagramで見る

名古屋駅ではジュンク堂さんに 全国のあちこちの書店さんに 全国のあちこちの笑い文字講師の書いた 笑い文字の本が置いてある。 5年前には どうしたら本が出版できるのか わかりませんでした。 4年前には 本を作るってこんなに大変なんだと 知りました。 3年前には 2冊目の本が出せないことに焦りました。 2年前には 本は作るのがゴールではなくて 売らなければ何も起きないことを知りました。 1年前には 1冊の本がそれまでの書き方を がらりと変えることを知りました。 そして 今は本を出すことで 講師の意識が変わることを知りました。 講師だけでなく、その家族や、 親戚や、友達までもが喜ぶこと。 それがその講師の 次への原動力になることを あの講師みたいになりたいと 人に憧れられる元になることを 今は知っています。 本を出すのは苦しいけれど、 本を売るのは それ以上にもっと苦しいけれど、 それでも 甲斐のあることだから 人が伸びることだから やっていこうと思います。 そして、この本は とてもとても良い本に仕上がってます。 読み物としても 書き方の本としても。 ……………… 名駅ちかくのジュンク堂書店では、「絵画技法」のコーナーにありました。お店の人に許可もらって1枚パチリ💛 #笑い文字 #笑い文字岐阜 #廣江まさみ #笑い文字見本集 #笑い文字練習帳 #遠慮なく幸せになればいい

廣江まさみさん(@waraimoji_masami)がシェアした投稿 -