粗挽きソーセージとキャベツのパスタ | ☆hirochinのおうちレストラン☆

粗挽きソーセージとキャベツのパスタ

暑くなったり急に秋の気配を感じたりと慌しい気候ですが、また来週あたりから残暑がやってくるとか・・・。

皆さん体調管理に心がけてくださいね。

体調管理の基本は十分な睡眠としっかりとした食にありますので、今日も頑張ってお気に入りレシピのご紹介です。


パスタと言うとトマトソース!と言う方も多いと思いますが、私はパスタと言えば塩味のアーリオ・オーリオ!!!

ダイレクトに素材のおいしさが味わえます。私のレシピの特徴は野菜をたくさん使ったパスタが多いこと!

旬の野菜のおいしさを十分に味わうにはアーリオ・オーリオに限ります。


今日のパスタは旬の野菜ではありませんが、夏の疲れた胃にもやさしいキャベツと粗挽きソーセージで

パスタにしました。


キャベツとソーセージの風味と塩気がよく合います。さらに粗引黒胡椒がしっかりと全体をしめています。
これならいくらでもモリモリいけそうですね。

本日の☆hirochinのおうちレストラン☆は


                 粗挽きソーセージとキャベツのアーリオ・オーリオ




《2人前》


パスタ(ディチェコ#11スパゲッティーニ)200g


キャベツ6分の1(1㎝くらいの短冊にカットしておく)

粗挽きソーセージ適宜(食べやすい大きさにカットしておく)

オリーブオイル大匙6杯

にんにくみじん切り小匙半分

鷹の爪輪切り 1本分

玉ねぎスライス大匙2杯

パプリカ適宜(食べやすい大きさにカットしておく)

パセリ微塵切り大匙2杯




いつものようにオリーブオイルの中に(にんにく、鷹の爪)を入れにんにくが色づくまでじっくり炒めます。


キャベツ、粗挽きソーセージ、パプリカ、玉ねぎを加え更に炒め

麺の茹で汁大匙6杯を入れて塩コショウで味をとのえます。


茹で上がった麺とパセリを加え良く混ぜ合わせたら出来上がり!!





ポイント

☆ガーリックをじっくり弱火でこんがりきつね色になるまで炒める事が味の決め手になります。

 食欲をそそる香ばしい良い香りになります。


☆麺の茹で汁を加えたときに乳化して少しとろっとするまで煮詰めます。そうしないと油っぽくなります!

 茹で汁のかわりにブイヨンにすると味に深みが出ます。


☆パセリの微塵切りは冷凍保存できますので、ぜひお試しください。


☆キャベツはシャキシャキ感を残す為に下茹で(レンジでチン!)していません。





お好みでチーズをかけて召し上がれ!






ではまた!



ナイフとフォークhirochinのおうちレストランナイフとフォーク







レシピのブログはこちらから