ツナとズッキーニのパスタ | ☆hirochinのおうちレストラン☆

ツナとズッキーニのパスタ

ズッキーニと言えば「海老」というくらい相性のよい二人?ですが、今回は海老ではなく、ツナにしてみました。

ツナのパスタはイタリアあたりではオーソドックスな組み合わせでトンノ(Tonno)と呼ばれています。


ツナの事をイタリア語でトンノ(Tonno)といいます。

トマトソースのパスタはTonno Rosso

アーリオ・オーリオのことはTonno Biancoですね。


ズッキーニは7~8㎜のダイスのカットが馴染みがいいです。

ツナとズッキーニの組み合わせだと優しい味になるので、ケーパー(最近ペコリーノ・ロマーノとケーパーはマイブームですw)を入れ引き締めました。ただし、酸味があまり強くならないようにガーリックと一緒に炒める事によって、マイルドにしました。


うぅぅ~ん!

大人の味~♪


シンプルな中にも複雑な味になりました。

仕上げは当然ペッコリーノ・ロマーノをおろしました。


本日の☆hirochinのおうちレストラン☆は


                      ツナとズッキーニのパスタ



レシピ 《2人前》


パスタ(スパゲッティーニ)200g


ツナ大匙3杯(フレークよりも塊りの大きいほうが美味しいです)

ズッキーニ2分の1本(5㎜角の賽の目切りにしておく)

ケーパー10粒くらい

オリーブオイル大匙6杯

にんにくみじん切り小匙半分

鷹の爪輪切り 1本分

玉ねぎスライス少々

パセリみじん切り大匙2杯


いつものようにオリーブオイルの中に(にんにく、鷹の爪、ケーパー、ズッキーニ)を入れにんにくが色づくまでじっくり炒めます。


ツナ、玉ねぎを加え更に炒め、麺の茹で汁大匙6杯を入れて塩コショウで味をとのえます。

茹で上がった麺を加え良く混ぜ合わせたら出来上がり!!


お好みでチーズを削ってください。









ポイント

☆ガーリックをじっくり弱火でこんがりきつね色になるまで炒める事が味の決め手になります。

 食欲をそそる香ばしい良い香りになります。


☆麺の茹で汁を加えたときに乳化して少しとろっとするまで煮詰めます。そうしないと油っぽくなります!

 麺の茹で汁のかわりにブイヨンにすると味に深みが出ます。


☆ケーパーは最初から炒めます。(程よい酸味にするために)


ではまた!


ナイフとフォークhirochinのおうちレストランナイフとフォーク