ベーコンと平茸のトマトソース | ☆hirochinのおうちレストラン☆

ベーコンと平茸のトマトソース

最近知った事の中に、「牡蠣の生食用と加熱用」の違いがあります。


今までは生食用の方が新鮮で味も良いと思っていたんですが、実は加熱用のほうが味が濃いんだそうです。


まず、養殖域の違い、「生食用→保健所が指定した沖合いのキレイな海域    加熱用→岸に近い海域」

また「生食用→水揚げしてからさらに24時間以上、紫外線、オゾン殺菌した水の中に蓄えて殺菌するので身が痩せて水っぽくなることもある   加熱用→水洗いしてすぐに出荷」


普通に考えると、生食用の牡蠣で牡蠣フライ作ったらとっても美味しいと思いますが、実は加熱用のほうが美味しいんだそうです。


ちなみに生食用は”のどごし”を楽しんだり、産地の違いを味わったりするのに適してるそうです。


先入観って怖いですね!

言葉の響きからいくと「生食用の牡蠣」のほうが断然新鮮で味が濃いような気がします(笑)


ところで今日の☆hirochinのおうちレストラン☆はキノコのパスタです。

私の好きなキノコに平茸があります。牡蠣は海のミルクなんて言いますが、平茸の甘いミルクのような味がいいですね。

平茸についてはこちらから


今日はシンプルにベーコンを入れてトマトソースにしました。



                        ベーコンと平茸のトマトソース





《2人前》


パスタ200g(ディチェコ#11 スパゲッティーニ1.6㎜)


ベーコン大匙 2杯(5㎜角の拍子切りにしておく、スライスの場合は1㎝幅にカット)
平茸(石突を取って食べやすい大きさにカットしておく)


にんにくみじん切り小匙半分

鷹の爪輪切り 1本分

玉ねぎスライス少々

オリーブオイル大匙6杯

トマトソース お玉2杯




いつものようにオリーブオイルの中に(ベーコン、にんにく、鷹の爪)を入れ

にんにくが色づくまでじっくり弱火で炒めます。


平茸と玉ねぎを加え中火で少し炒めたら、麺の茹で汁を大匙6杯加え、塩胡椒で味を調えておきます。


トマトソース を加え少し煮詰めたら麺を加え良く混ぜ合わせます。





お好みでチーズをたっぷりとおろして召し上がれ。






《ポイント》


☆麺の茹で汁を加えたときに乳化して少しとろっとするまで煮詰めます。そうしないと油っぽくなります!

 麺の茹で汁のかわりにブイヨンにすると味に深みが出ます。












ではまた!


ナイフとフォークhirochinのおうちレストランナイフとフォーク