海老とインゲンのトマトソースパスタ | ☆hirochinのおうちレストラン☆
2007-09-14

海老とインゲンのトマトソースパスタ

テーマ:おうちパスタ

近頃やっと過ごしやすくなってきましたね!

それにつれて、食欲はモリモリ絶好調です(笑)

相変わらずパスタ三昧の日々ですよ~♪


今日は、ちょっと小ぶりでパスタにちょうど良い大きさの海老が手に入ったのでインゲンとあわせてトマトソースのパスタにしました。


ところで、海老のことを英語でなんと言うか知ってますよね。

日本ではシュリンプと呼ぶのが一般的ですが、

大まかに、シュリンプShrimp(小さい)、プロンPrawn(中から大)、ロブスターLobster(大) ですね。

たとえばエビフライなんかは「フライドプロン」って言うんですね!


今日使ったのはプロンまで行かないシュリンプですが、小さいながらも味の濃いシュリンプでした。

海老のプリプリ感とインゲンの食感が楽しいパスタです。




本日の☆hirohinのおうちレストラン☆は

           

                「海老とインゲンのトマトソース スパゲッティーニ」です





《2人前》レシピ


パスタ(スパゲッティーニ  ディチェコ#11)200g


海老12~3本(殻をむいて背わたを取っておく)

インゲン適宜(筋を取って食べやすい大きさにカットしておく)


玉ねぎスライス少々(大匙2杯くらい)

鷹の爪輪切り 1本分

オリーブオイル大匙5杯

トマトソース お玉2杯
パセリみじん切り大匙2杯


いつものようにオリーブオイルの中に(にんにく、鷹の爪)を入れ

にんにくが色づくまでじっくり弱火で炒めます。


海老、インゲン、玉ねぎを加え中火で炒め、麺の茹で汁を大匙5~6杯入れ、塩胡椒で味を調えておきます。


トマトソース を加えて、少し煮詰めパセリを入れて麺を加え良く混ぜ合わせます。


《ポイント》

☆パスタの決め手はじっくりと時間をかけて弱火でこんがりきつね色になるようににんにくを炒めることと、麺の茹で汁を加えたときに強火でしっかりと乳化させる事に尽きると思います。


☆海老は炒めすぎると硬くなります。炒めすぎないようにしてください。


☆魚介のパスタのときには、チーズをかけずにパセリを入れたほうが、魚介の味が引き立ちます。


ではまた!


ナイフとフォークhirochinのおうちレストランナイフとフォーク


hirochinさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス