9月19日は「地域の人と交流Day!」として、祇園公民館より館長さんと子育て支援事業担当の職員さんが来てくださいました。
和室には、いつもの”木のおもちゃ”を出してあそびながらの交流となりました。10組さんの参加がありました。
そのうち、3組さんは、交流Day!を目的に、そして2組さんは”木のおもちゃ”であそぶことを楽しみにして来てくださっていました。
職員さんから、いろいろな親子さんにお声をかけてくださり、公民館について説明をしてくださったり、
どんな事業が公民館であると利用しやすいか?も、尋ねて下さっていました。

ちょっと、裏話ですが・・・
ひろばにある”木のおもちゃ”は、「広島市森づくりプラン」による地域材で作られたおもちゃです。
館長さんは以前、市役所で税金関係のお仕事をされていたことがあるそうで、「ひろしまの森づくり県民税」は、県民一人辺り500円使われているそうです。
こんなふうに税金が使われているってわかると、身近に感じるし、うれしい気持ちにもなりました。