ヒートショックから家族を守ろう!! | アーキシティ研究所のブログ

アーキシティ研究所のブログ

福岡と熊本の建築事務所の日々のできごと。

一年間に「ヒートショック」が原因で命を落とす人は、交通事故で亡くなる人よりも多く、一万人以上とも言われます。

特に冬場に多く、夏場に比べてその数は5倍にものぼります。

できることなら家の中での事故はなくしたいもの。。

寒い日が続くこの時期、家族を危険から守る住まいの工夫と注意するポイントを再確認しておきましょう。

 

ヒートショックとは‥‥

 

暖まった部屋から寒い廊下や浴室、トイレなどに移動するとき、体は体温を調節しようとして血管を収縮させます。

このため、急激に血圧が上昇し、心臓や血管に強い負担がかかって、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などを引き起こします。
また、そのまま湯船に浸かると、今度は急激に血圧が下がり、意識を失ってしまう場合があります。
高齢者、血圧が高い人、動脈硬化や糖尿病などの基礎疾患を抱えている人は特に注意が必要です。
 

浴室で起こるヒートショック

ヒートショックの危険が高いといわれている浴室の場合を見てみましょう。
実は、浴室で起きるヒートショックは日本特有といわれるほど、外国に比べて発生件数が多くなっています。
これは日本人が好む方までお湯につかる入浴方法や家の構造が原因といわれています。
特に影響を受けやすい65歳以上の高齢者、基礎疾患を持っている人は以下のことに気を付けましょう。
 
  • 一番風呂や深夜の入浴を避ける。
  • あらかじめ浴槽のふたを開けておく、シャワーを出しておくなどして、入浴前に浴室内をあたためる。
  • 食事や飲酒のあと、薬を服用したあとの入浴は控える。特に飲酒後は普段よりも血圧の変動が激しくなるので要注意。
  • 42度以上の熱いお湯に首までつかることや、長湯するのはおすすめできません。41度以下のぬるめのお湯につかるのが理想です。肩が冷えるときはタオルなどをかけて入浴を。
  • 洗い場にマットやすのこを敷く。
 
【ヒートショックを防ぐために】
寒い廊下に出るときには厚手の靴下をはいたり、一枚羽織るなどの工夫をすることで、急激な温度変化を避けることが出来ます。
外出のときも肌の露出を減らし、体が冷えるのを防ぎましょう。