【Recipe】ファイトケミカルで美肌をつくる ~そば粉のガレット~ | アーキシティ研究所のブログ

アーキシティ研究所のブログ

福岡と熊本の建築事務所の日々のできごと。

秋は新そばの季節。

この時期のそばが特別おいしいとされるのは、そば本来の香りと噛んだ時の甘みを十分に味わうことが出来るため。

そば処といわれる地方では、収穫時期に合わせ、新そば祭りなどが開かれます。

そばは日本の伝統的な食べ物と思われがちですが、アジアやヨーロッパなどでも広く料理に使われています。今回は旬のそば粉を使って、フランスのブルターニュ地方の郷土料理「ガレット」をつくります。

 

 

【材料】2人分

ガレット生地

・そば粉…60g

・塩………ひとつまみ

・水………100cc

・シードル(又は炭酸水)…20cc

・卵………1/2個

・砂糖……適宜

・バター…適宜

 

飾り用

・生ハム…2枚

・グリュエールチーズ…2枚

・卵………2個

 

【作り方】

  1. ボウルにそば粉と塩を入れ、卵を加えてよく混ぜ合わせます。
  2. 1に砂糖を加えたら、シードル(又は炭酸水)を入れ、更に混ぜます。
  3. 2に少しずつ水を入れ、その都度混ぜます。滑らかになったらラップをして室温で一晩寝かせます。
  4. フライパンをあたためてバターを入れたら、お玉一杯分くらいの生地を流し入れ、薄く広げます。
  5. 生地の端が浮き上がってきたら裏返し、真ん中にハム、チーズ、卵をのせ、上下左右の生地を中心に向かって折り返します。
  6. ふたをして蒸し焼きにしたら出来上がり。半熟卵を絡めて召し上がれ。