防犯・防災対策① ~地震編~ | アーキシティ研究所のブログ

アーキシティ研究所のブログ

福岡と熊本の建築事務所の日々のできごと。


テーマ:

 

熊本地震から早3年が経ちました・・

地震が起きたら、なにが一番心配ですか?

家族が無事でまた会えるかどうかでしょうか?

 

実際に、阪神淡路大震災で亡くなられた方々のうち、

80%が家の倒壊や家具の転倒などによる屋内での事故でした。

 

家の中を安全に!!

被害軽減のために出来る事を紹介します。

 

1.不要家具等の処分

タンスなどよりも安全なのは、作り付けの家具で扉がロックできるものです。

 

2.地震の時安全な場所や部屋を作る(地震シェルター)

耐震ベッド(下に潜り込めるものや上にバーのついた物まであり、耐荷重2トン)や

耐震テーブルから部屋全体工事や、小屋までいろいろな物が出ているのでご検討を。

 

3.家具等の固定・配置換え・落下防止

ホームセンターで固定器具が、百円ショップで滑り止めや転倒防止グッズが売っています。

本当にいろいろな物が出ていますのでご検討を。

扉から、物の飛び出しやタンスの引き出しの飛び出し防止の固定グッズは赤ちゃんのケガ防止用でも売っています。

吊り下げ式の照明器具などは鎖などで補強しておきましょう。

 

4.ガラス飛散防止フィルムを貼る

窓ガラスや食器棚などに貼る事で破損した時の飛散を防げます。

紫外線カットやキズ予防効果などいいことも!

 

5.防炎のカーテンなどを選ぶ

地震による火災も想定して被害を軽くしましょう。

防炎難燃というカーペットがあるので選べる時にはぜひ!

 

 

家中を防災するのは大変です。

時間も労力もコストもかかるので、この中から家族が一番時間を過ごす場所から考えてみて、

そこから一つ一つ手をつけてみてはいかがでしょうか?

一年くらいかけるつもりで長期計画を立ててみてください。

みなさんの家はいかがでしたか?

買い物に行っても物選びや価値観が家族の安全重視になりそうですね。

株式会社アーキシティ研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ