【お役立ちノート】冬の結露を防止する裏ワザ! | アーキシティ研究所のブログ

アーキシティ研究所のブログ

福岡と熊本の建築事務所の日々のできごと。


テーマ:

★どの家庭にもあるもので劇的窓拭き★

 

 【用意するもの】

 ・バケツや容器

 ・計量カップ

 ・食器洗い用の洗剤

 ・タオル

 

 

1.最初に水を計量カップで、1リットル量る 。1リットル量ったら、用意しておいた容器に水を入れる。


食器用の洗剤を量ります。だいたい50~100ml程。結露が激しいという人は100mlにしておきましょう。洗剤もさっきの容器に一緒に入れる。これで下準備は完了!


次に用意しておいたタオルとは違うタオルで、窓に付いている水滴や汚れを取っておく。しっかりと拭き取っておかないと効果が半減してしまうので、念入りに作業する。


先ほど水と洗剤をいれた容器に別のタオルを入れる。(ここがポイント!)水と洗剤がしっかりと混ざるようにタオルや手で泡立てる。

 

あとはタオルを絞って、しっかりと力を込めて窓を拭く。アルミ製の窓枠にも結露が出来るので、忘れずに拭く。

 

 

部屋と外の温度差が激しいので、部屋の中にある水蒸気が冷えて水に戻るという仕組みで結露になります。ここで食器用の洗剤を使ったのは、水をはじかせて結露を防ぐ為です。食器用の洗剤には「ノニオン界面活性剤」という成分が配合されています。この成分は水分を弾く性質があるのでそれを利用した裏ワザになります。長期間続く方法ではありませんが、この方法を使うのと使わないのでは断然効果が違うので、一度お試しください。

 

 

株式会社アーキシティ研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス