住まいのお手入れ③ ~トイレのお掃除~ | アーキシティ研究所のブログ

アーキシティ研究所のブログ

福岡と熊本の建築事務所の日々のできごと。


テーマ:

ご家庭でも毎日何度も使うトイレ。

掃除の中でも、トイレが一番嫌いという方も多いですよね。

今回は日常のお手入れからしっかりお掃除までお伝えします。

 

 

①日常のお手入れ 「便器をいつも清潔にしておくには?」

・外側は、水拭きをします。

・内側は、トイレ用中性洗剤をかけて、しばらく放置します。

・トイレブラシやスポンジで汚れをこすり落としてから、水で流します。

 

②週に一回 「便器のふちの裏側の汚れを落とすには?」

・ブラシに、トイレ用中性洗剤またはクリームクレンザーを付けます。

・便器のふち裏側(リム部分)に、ブラシを突っ込むようにしてこすります。

・汚れが落ちたら、こすりながら水を流し、すすぎます。

 

③汚れが目立ったら 「便器内の水位線の汚れを取るには?」

・バケツ半分ほどの水を便器内に流します。排水溝の水が引き、便器内の水位が下がります。

・トイレットペーパーを、便器の内側の汚れているところに敷きます。

・敷いたトイレットペーパーにトイレ用中性洗剤をたっぷりしみ込ませ30分ほど置きます。

・30分後、トイレブラシでペーパーごとこすり、水を流します。

 

④日常のお手入れ 「タンクをいつもきれいにしておくには?」

・手洗鉢を含めたタンク全体を水拭きします。

・汚れが目立つ場合は、陶器製はトイレ用中性洗剤で汚れをふき取ります。

・プラスチック製は、「お掃除クリーナー」「お掃除ティッシュ」で汚れを拭き取ります。

・仕上げに、固くしぼったぞうきんで水拭きをします。

 

⑤汚れが目立ったら 「陶器手洗鉢にこびりついた汚れをとるには?」

・手洗鉢の排水口を布などでふさぎます。

・やわらかいスポンジに、クリームクレンザーや練歯磨きをつけてこすります。

・水拭きして、クレンザーをきれいに拭き取ります。

・排水口をふさいでいた布を取ります。

※クレンザーがタンクの中に入ると故障の原因になるので水で流さずふき取ってください。

 

 

トイレのピンク汚れは「バクテリア」のしわざ!!!

便器に付いたピンクの汚れ、これは空気中に飛散しているバクテリアが付着して繁殖したことが原因で、ピンク色はそのバクテリアの分泌物といわれています。

漂白剤などを用いると除菌効果があり、再発しにくくなります。

 

株式会社アーキシティ研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス