断熱・気密・換気の関係性について | アーキシティ研究所のブログ

アーキシティ研究所のブログ

福岡と熊本の建築事務所の日々のできごと。


テーマ:
近年、断熱性能は快適な住宅に欠かせない条件になっています。しかし、高断熱であれば無条件に快適ということではありません。断熱性能を発揮して長持ちする家にするためには、十分な気密性と計画的な換気が必須です。
断熱性能が高くても気密性が低いと、漏気等の影響により冷暖房効率も落ちてしまいます。

また、住む人の健康を守るためには、計画的に換気を行う必要があります。気密性が低い住宅での換気は、穴の空いたストローで水を飲もうとするのと同じようなもので、家の中にムラのない空気の流れを作ることができないため、換気機能も低下します。



旧来の日本の住宅は、夏向きに造られていたので、開放的で風通しが良く、自然に換気ができていました。一方、近年の住宅は、断熱性や気密性を高めるために、魔法瓶のようになっています。そのため、機械換気が適切に行われていないと、室内で発生する汚染物質や湿気が滞留したり、熱がこもり室温が高くなったりと、高断熱・高気密であることがデメリットになってしまいます。



正しい住まい方をすることも重要です。換気フィルター等の定期的なメンテナンスを行い、住宅の性能がきちんと発揮できる状態を保ちましょう。

住宅の気密性を表す指標として、隙間相当面積(C値)というものがあります。C値の現場測定を行い、断熱・気密・換気が揃った家づくりを行うことをおすすめします。

株式会社アーキシティ研究所さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス