【ecoな暮らし】 「住宅性能評価書」とは | アーキシティ研究所のブログ

アーキシティ研究所のブログ

福岡と熊本の建築事務所の日々のできごと。


テーマ:

「住宅性能評価書」とは、国土交通大臣に登録した第三者評価機関が全国共通ルールのもと住宅の性能を公平な立場で評価し、その結果を表示した書面です。一般財団法人 住宅金融普及協会も、第三者評価機関の1機関です。住宅の性能については、10の分野を等級や数値などで表示しています。

 

 

「住宅性能評価書」には、

・設計時の図面から評価結果をまとめた

「設計住宅性能評価書」

 

・施工中・竣工時に数回に渡る現場検査と検査結果からまとめた

「建設住宅性能評価書」

 

の2種類があります。

消費者の住宅選びのために生まれた法定制度です。

 

 

この制度は、完成してからでは確認できない部分を、国(国土交通大臣)に登録した第三者評価機関が消費者の立場で厳しい検査を行う「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に定められた法定制度(申請任意)です。

また住宅性能評価書のメリットとしては、「建設住宅性能評価」の交付を受けた住宅が万が一、売主との間で売買契約以外に関するトラブルが生じても、弁護士・建築士による住宅専門の指定住宅紛争処理機関を比較的安値(1万円/件)で利用できることとなっています。

 

 

 

住まいの性能の種類は下記の10分野に及びます(新築住宅の場合)

 

  1.構造の安定……地震、暴風、積雪に対する強さなど

  2.火災時の安全……火災時に安全に避難する対策など

  3.劣化の軽減……住宅に使われる材料の劣化を遅らせる措置等

  4.維持管理・更新への配慮……給排水、ガス管の点検や清掃、

    補修のしやすさ、共同住宅において間取り変更のしやすさなど

  5.温熱環境……省エネルギー対策の措置など

  6.空気環境……ホルムアルデヒド対策など

  7.光、視環境……居室の開口部の面積と位置など

  8.音環境……床、壁、窓の遮音性など

  9.高齢者への配慮……バリアフリー対策など

  10.防犯対策……ドアや窓の侵入防止対策など

 

※住宅性能表示の項目は原則として等級で表現され、数字が大きいほど性能が高いことを表しています。ただ
し、すべて最高等級を取得することが優れているとは限らず、ライフスタイルや建築地の環境などを総合的に
考え、“この性能は高く・低く”というように、その住まいの最適な性能を考えましょう。なお、もともと建
築基準法で定められている性能項目については、建築基準法の水準を等級1としています。 

 

※アーキセンスは、この住宅性能評価書を推進している工務店です。お気軽にご相談下さい。

 

 

株式会社アーキシティ研究所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス