小柄で華奢だけど、オシャレなファッションを目指したい!!

そんなアナタに知って得する人物をご紹介します。

こんにちは!
150センチ代で小柄で細身の女性をフレンチトラッドスタイルにスタイリングする、押野博子です。

本日は小柄で有名なミロスラヴァ・デュマのファッションを見て行きたいと思います。

ミロスラヴァ・デュマってどういう人??



ロシアのハーパース・バザーという雑誌の元編集者。
現在はフリーランスのライター/スタイリストとして活動しています。そして、ロシア発のファッションウェブマガジン『m.buro247』を立ち上げています。

彼女の何を見て欲しいのかと言うと、、、

ミロスラヴァ・デュマは身長155cmのファッショニスタ!!

私と同じ身長で正直ビックリしました。
勝手なイメージですが、海外の人って身長が高いイメージがあるので150cm代の大人の女性は中々居ないと思っていました。

だけども、ミロスラヴァ・デュマのファッションは小柄な体型を上手く活用しています。
それを写真と共に解説します。

■ワンピース編


こちらのワンピースのスカート丈、短いですね。短い方が小柄の人はバランスが良く見えます。理由は、上に目が行くので身長が低くく見える事が少ないからです。
彼女はファッションカラーを3色以内に抑えてシンプルに見せています。
上に目線が行く様に顔周りはスッキリとさせて赤い口紅でまとめています。

パンツ編


2016年から流行りになっているワイドパンツです。
彼女はウエスト位置を高めにしています。
高めにする事で脚長効果や身長が高く見える様にしています。
トップスはデニムにインしてスッキリさせています。
コートも長さがくるぶしまでのを着ているから全体的なバランスも良く見えます。
こちらのコーディネートも3色以内に抑えているからまとまりがあります。
センスが良いです。

サロペット編


小柄な方が敬遠しがちなサロペットです。
大体のサロペットを着ると股下合わなくて長くなりがちです。
こちらのサロペットはアンクル丈でヒールと合わせています。
足首も出ていてトップスが五分袖になっているからバランスが良く見えます。
柄のトップスで上に視線を持って行ってますね。それに、首周りが広がり過ぎていないからカジュアル過ぎず上品さも見えます。
やはりここでも3色以内に抑えています。
良い勉強になります。


ミロスラヴァ・デュマのファッションは小柄を活かしたスタイルをしています。ファッションの憧れの一人になりました。


インスタグラムにて、ミロスラヴァ・デュマのファッションが載っています。気になった方はこちらもご覧下さい〜
↓↓↓↓↓↓
ミロスラヴァ・デュマのファッションコーディネート

次回、ミロスラヴァ・デュマがしているスタイルを私も真似できるかやってみようと思います!!

お楽しみに!

■2017年度のセミナー&イベント


お問い合わせはコチラにて承ります。

AD