3ヶ月あたりから母乳が「不足している気がする」方って
けっこういらっしゃるようですね星

でも、ちょっと待って!

本当に、貴女の母乳は「不足している」のですか???


参考サイト↓

ちょっと理系な育児 月齢3カ月頃から母乳が減る人がいる理由

ちょっと理系な育児 「母乳不足」という言葉は正しくない!母乳不足に関する記事まとめ


実は、そんな「感じ」がしているだけで、実際は母乳は足りていることがほとんど虹
らしいですよ!

参考サイト↓



思い込みは捨てましょう!\(^o^)/


ぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワー
そもそも生後3ヶ月頃は成長期

イコール、
赤ちゃんがより多くの哺乳量を必要とする時期
です


3日、3週間、3ヶ月…(3歳はイヤイヤ期ですよ!)

3のつくところは成長期と言われます


最近出てきた
「メンタルリープ」
も、ちょうど3ヶ月の時期に成長期が設定されているようです


完母の場合、
この3ヶ月の時期は、哺乳量アップのために、
おっぱい飲む回数増やしたり時間が長くなったり…と、
赤ちゃん自身でコントロールしてくる時期です

英語でも、growth spurt と言われます


なので、
あれ?今までより飲んでる?
あれ?時間かかってる?
あれ?もう飲みたいの?
と、感じるのは当然のこと

ここで、
もしかして、おっぱい足りてないんじゃない?
と思い込まないようにしましょう
間違った自己暗示は危険です!


赤ちゃんは、おっぱいに今まで以上に刺激を与え、
もっと生産してくれるように働きかけているだけです!



加えて、
いわゆる「遊びのみ」も始まります
赤ちゃんの気分によっては、
くわえたと思ったらすぐにぷいっと口を離してしまうことも…
(まとめて飲まなくなるので回数で補うことが必要になることもある)

なので、
あれ?飲まないの?
と、思うかもしれません

が、
ここで、
もしかして、おっぱい美味しくないんじゃないの?
もしかして、おっぱい出てないんじゃないの?
と思い込まないようにしましょう
間違った自己暗示は危険です!


赤ちゃんは、飲みたくない気分が分かるようになったのです!
楽しそうなことがいっぱいあると、外の世界を少しずつ理解し始めたのです!



また、
お腹いっぱいになれば口を離すことも増え、
今までのように疲れるまで飲み続けることは減っていきます
飲むのもどんどん上達し、一度に飲める量も増えていきます
なので、授乳にかかる時間は相対的に短くなります
それは、当然のことなのです

決して、おっぱいが足りないから短い時間で終わるわけではありません!


赤ちゃんは、より短い時間で、よりたくさん飲めるようになった、
つまり、おっぱいを飲む名人になりつつあるのです!




奥の手ですが、
朝寝昼寝夕寝直前直後の寝ぼけている時は、
けっこう飲んでくれます

深夜帯の夜間授乳も、
赤ちゃんが泣いて起きる前の時間を見計らって寝たまま授乳すると、
けっこう飲んでくれます

体重の増えが心配で、でも、
覚醒している時に、周りの刺激が気になって赤ちゃんが集中して飲んでくれない場合は、
赤ちゃんの眠りのタイミングでちょこちょこ飲ませることも、
回数稼ぎには有効です


ぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワー

私自身、3ヶ月以降の母の「母乳不足感」により3ヶ月以降は完ミで育ちましたし、
(祖母から母への、泣いてるならミルクあげなさい攻撃がものすごかったらしい💦)

そんな私の母親は「男の子は母乳だけで育てるの難しいんじゃない?」とさらっといい放ちましたキョロキョロ

母乳vsミルクはつらかった思い出らしいけど、
自分も同じ事をしてるやん!


私は、
一人目完母だったし、
兄嫁さんも母乳で育ててたし、
せっかくおっぱい2つくっついててタダなんだから、
出るなら有効利用すればいいじゃん!

という、単純な理由で、今のところ母乳のみで育てていますニコニコ

一人目の時、あまりにも周囲がうるさいので、
たくさん調べまくって本も読んで理論武装しましたアセアセ


ぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワーぽってりフラワー

クローバー母乳不足かも?と思ったら、
まずはおしっこの回数と量をチェックしましょう

クローバーどうしても心配なら日割りで体重増加を計算してみましょう
(授乳ごとに飲む量はばらつくので、授乳1回ごとに計り一喜一憂しないことが肝心です)
体重増加がゆるやかになり始める時期というのを念頭に…

クローバーさらにさらに心配なら、
信頼できる専門家に相談しましょう



ミルク、混合、母乳、それぞれの事情、選択により栄養方法はいろいろあるけど、
惑わされずに自分らしく楽しく育児したいですねルンルン




うちの合言葉は、

おっぱいおっぱいわかやまけん!