福島県いわき市で自費リハビリを行っております、

廣渡と申します(^_^)

月曜ごとに、ブログを書いております。

よろしければ、お付き合いお願い致します<(_ _)>

 

 

今日は、手や指の感覚について、書こうと思います。

 

脳梗塞などで、動きだけではなく、

触れた感覚なども低下することがあります。

脳のどこにダメージを受けたかによる影響もありますが、

その部位とは関係なく感覚の問題を抱えていることもあるようです。

 

麻痺した側の指の感覚が、

麻痺してない側と比べると半分くらいという方と一緒に行ったリハビリについてです。

 

肩周りや前腕(肘から手首)にかけて、

筋肉のハリがあり、

手を横に開き、

指を伸ばすことが難しい状態でしたので、

準備として、調整していきました。

 

「大の字」

こうなれることを、ひとつ目指していきます(^_^)

 

この状態で、姿勢や筋肉の調整ができました。

指先に触れて、感覚が変わったかお聞きしました。

変わりない・・・とのことでした。

 

 

準備の段階で、

姿勢を調整したり、

筋肉を働きやすくしたり、

する訳ですが、

この段階でそれぞれ変化が起きるということは、

受け身的に見えて、

身体は能動的に反応している状態にはあるのです。

 

 

が、感覚の変化は起きませんでした。

 

さて、もっと能動的に動いていただきます。

少し指先に力が入る感じや動きが出る時があるので、

私の指にその指が引っかかるようにして、

その指が外れない程度の範囲、速さで、

動かしていきます。

少しずつ、指に引っかかる反応が強くなり、

範囲が広がり、

速い動きにもついてこれるようになって来ました。

 

さて、指先の感覚を確かめてみます。

 

Σ(゚Д゚)

 

「あっ!!

分かる!!」

 

ということでした。

その後、杖をグリップの部分に手を置き、

ほんのわずかですが、

押したり、引いたりする動きを練習しました。

すると、より感覚が明確になったとのことでした!(^^)!

 

自主トレとして、

テーブルの端などに

手が落ちないように、

指先をひっかけておき、

身体を動かすという練習をしていただくようにしました。

 

 

話はガラッと変わりますが、

その方の刺繍です。

途中の段階ということですが、

お写真を取らせていただきました

(人''▽`)ありがとう☆

 

 

さて、一週間が始まりました。

ステキな一日一日が積み重なりますように(^_^)

 

リハビリセンターReborn      リハビリセンターReborn (reborn-iwaki.com)