福島県いわき市で、自費リハビリをやっております、

広渡と申します(^_^)

 

今日は、昨日行われた第33回活動分析研究大会のことを

書かせていただきたいと思います<(_ _)>

とてもとても刺激でした!!

 

 

コロナの影響を受け、

zoomで行われた研究大会ですが、

700名近くの参加があったようでした!

 

 

 

東京の八児正次先生の教育講座では、

頭部外傷の方とのリハビリを

数年に渡って行って来た過程を交え、

講演されました。

ご病気になられて直後は、

ご自身で動くことができないほどの重度の方が、

現在は、杖で歩かれていました。

その時々に、必要なリハビリを通して、

変化されたのを見せていただきました。

 

それに続いて、

3名の方が、

失語の方や麻痺が重度の方などの関わりを

報告されました。

どの方も、セラピストが些細なことも見逃さずに、

取り組み、しっかりと改善を図っていることが見れました。

身体だけではなく、

活動に向かう意欲や他の方との関わり方なども変化していました。

 

最後は、私がお師匠さんとして常に学ばせていただいている

山梨にある柏塾の柏木正好先生が講演されました(^_^)

中身は飛ばしますが、しびれました(笑)

セラピストに対して、

「セラピストは、麻痺が改善すると信じて、

それは患者さんよりも信じて取り組まなければいけない」

「セラピストは細かなことも知り、気付く必要もあるが、

リハビリの場面は、おおらかに楽しくやる」

というようなことを言われました。

 

コロナで大変な中ですが、

こんな機会を作り、

こんなに仲間が集まりました。

病気や怪我で悩まされている方も多くいらっしゃると思います。

我々も精進しています( `ー´)ノ

一緒に歩んで参りましょう。

 

私自身もまた更に、もっともっとがんばらなければと思いました。

 

最近は「覚悟」ということをすごく意識しています。

いろんな方の「覚悟」を感じたりしています。

自分もいろんな場面で「覚悟」をしていかなきゃと思ってます(^^♪

 

さて、今週も始まりましたね。

いい一週間でありますように( ^^) _U~~

 

リハビリセンターReborn  リハビリセンターReborn (reborn-iwaki.com)