昨年、満を期して羅臼岳に臨んだが、天気に恵まれず断念。 木下小屋の管理人さんから「山は逃げへんから、また来たらええねんw」と言われたものの知床までは遠すぎます。 もう無理と思っていたが、百名山49座終え、どうしても50座目は羅臼岳で達成したいとの気持ちが強く、1年ぶりリベンジにやって来た。

 

 前日のお宿は、管理人さんの人柄が気に入った木下小屋。 小屋に入るなり「去年来た人や」と憶えていただいていたようで、「コロナで宿泊者が少ないのに何度も(まだ2度目だが)来てくれて有難う」と歓迎していただいた。 この日も連休前の平日とあって群馬からの馴染み客と2人だけ。3人で消灯までお酒を飲みながら団欒。

 

 AM450  熊に出会うと怖いので、誰かに着いて一緒に登ろうと思っていたが、中々人がやってこない。 出発が遅くなるので、一人で出発。

 

無事を祈ってしめ縄を潜る

 

 

 

 登山道は比較的歩きやすいのだが、白樺が登山道に張り出し、頭をぶつけること暫し、気を付けていてもゴツン! ポンコツ頭がますます悪くなるよー

 

微かにオホーツクが

 

 

 大沢からはお花畑が・・・

 

チシマキンバイ

 

エゾツツジ

 

ミツバオウレン

 

クモマグサ

 

タカネトウウチソウ?

 

ウコンウツギ

 

 

 AM840 羅臼平に到着、残念ながら羅臼岳も三ツ峰もガスに隠れて見えない(涙) 頼むよ! 一目姿を見せてよ!!!

 

 ちょうど電波が拾えたので、9時からのコロナワクチン予約サイトと格闘。 漸く空きを見つけて次の画面に進むと無残にも「空きがありません」の表示。

 かれこれ30分以上停滞しているうちに、僅かながらガスが途切れ、念願の羅臼岳が・・・  さあ、あと200Mほどで山頂だ。 このまま晴れてくれ!

 

 

直下の岩場

 

羅臼平を俯瞰する

 

三ツ峰方面は晴れたが・・・

 

 

 AM1000  2年越しの羅臼岳(1661M)登頂コンプリート真っ白けでオホーツクも国後島も見えなかったけど、 目標の50座達成に感無量です。

 

 熊にも会わず、無事に木下屋まで戻ってきて、管理人さんに報告すると「三ツ峰とサシルイ岳の間から見える羅臼岳が一番」、7月の1週目なら〇〇のお花畑がすごいヨ」、「両側が海に挟まれた縦走路はスイスのガイドも感動していた」 見たい、見たい 絶対見たい!

 

 

「山は逃げへんから、また来たらええねんw」てか・・・

 

管理人さんに会いにまたいつか・・・

 

 

 

今日のご褒美に「民宿 いしやま」さんで毛ガニで乾杯