仕事も一段落、天気が良いので休みを取って福寿草を見に行こう。最初はまだ行ったことのない鍋尻山を考えたが、ちょっと遅いかな。 ヤマレコでは鈴ヶ岳が先週から見頃らしい、ちょうど306号線の通行止めも解除されたので、鞍掛峠まで車で入れる。 6年程前に登ったときは、まだ雪の下で、見れなかったので、じゃあリベンジしましょう。

 

 

 

 天気は最高。 展望良く、気持ちのいい稜線歩き、白山に能郷白山。その右には北、中央、南アルプスが整列。 今年は雪が少なかったので、3月にもかかわらず、霊仙山や伊吹山はもう雪が融けてしまった。1時間30分で鈴北岳に到着。 福寿草は昼からのお楽しみとして、今回は御池岳方面に進む。

 

AM11:10 御池岳

 

 ここからは登山道を離れて、鈴ヶ岳方面にショートカット。 石灰岩のいかにも福寿草の咲いていそうな地形はあるが、一向にお花畑が見つからない。1165mのピークの北側でようやく黄色を見つけ、近づいてみると、結構束になって咲いているので、一気にテンション上がる(喜)

 

 

 

 

 十分満足するほど写真を撮って、昼食を摂っていると、「鈴ヶ岳の方はもっと咲いてるよ!」と教えてもらったので、行ってみると・・・福寿草が爆発していた。ヤバイ!!!

 

鈴ヶ岳

 

 

一面の福寿草

 

 

 これまで、藤原岳、霊仙山の福寿草を見に行ったが、いずれも人が多い。鈴ヶ岳は人も少なく、鞍掛峠からなら簡単に登れるので、こいつはお勧めだ。ゆっくり周回しても3時に下山、自宅にも5時に帰り着けた。