マンション管理士・管理業務主任者 直前心得4 | 平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り

平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り

元LECの講師で、現在TAC、日建学院、ユーキャン、実務教育出版、中央経済社、Seep、わたべ塾等から依頼を受け、講義や執筆を行う平柳の日記です。マンション管理士、管理業務主任者を中心とした資格取得のナビゲートをしていきます。

皆さん、こんにちは。平柳です。

 

いよいよ、平成28年度マンション管理士本試験も明日になりましたね。

 

緊張が高まってきた方もいらっしゃるかもしれませんが、大丈夫。いつもと同じ一日です。淡々とやるべきことをやっていきましょう。


さて、マンション管理士・管理業務主任者本試験に向けて頑張っている皆さんへの「直前応援ブログ第4弾」です。


第1弾の記事は→コチラ

第2弾の記事は→コチラ

第3弾の記事は→コチラ

本日の記事は、

 

「本試験では必ず予想外のことが起きる」

 

というお話です。

 

これは、「心の余裕」を作るための包括的かつ最大の要素となります。

 

本試験というのは、ホントにまあ、考えてもいなかったようなことが色々と起きまます。

 

交通機関の乱れだとか、気が付いたら逆方面の電車に乗っていた挙句、快速で数駅先まで飛ばされただとかなんて「序の口」です。

 

実際に僕自身が経験した&受講生の方々から聞いた「事件」を挙げてみましょう。

 

①手を滑らせて、持っていた受験票がひらひらと舞い落ちた(試験前に縁起が…)

 

②会場について席に座ったら、突然電池が切れて時計が止まった…

 

③うっかりお守りをもっていくのを忘れた…

 

④試験中、近くに「難しいなぁ…」とか「ちっくしょー」とかブツブツいう人がいた…

 

⑤近くの席に座った人の香水の香りが異常にきつかった…

 

⑥試験が始まったのに、いつも押しているストップウォッチのスタートボタンを押すのを忘れた… 

※ちなみに、マンション管理士試験ではストップウォッチは使用禁止です。ご注意を!

 

⑦試験中近くのビルでガス爆発が起こり、突然けたたましい救急車と消防車のサイレン、取材ヘリコプターの音が鳴り響き続けた…

 

⑧隣に座った人の貧乏ゆすりがスゴかった…

 

⑨隣の人がなんだか酒くさい…

 

⑩本試験前日に風邪をひいて、当日熱が39度くらいの状態で受けなければならないはめになった…

 

⑪試験中に突然お腹が痛くなった…

 

既に書いた通り、想定できることに対しては「事前に想像して…」ということである程度の対処はできるのですが、そもそも「想定『外』のこと」となるとなんともやりきれない気持ちになります。

 

「なんで、よりによって本試験の日にこんなことが起きるんだ…」

 

こうなると当然、受験生としては「動揺」してしまいます。

 

そして、動揺してしまうと、目の前の問題に「集中」できなくなってしまい、力が十分に発揮できなくなってしまうわけです。

 

でも、冷静に考えてみてください。

 

受験票を持っていた手を滑らせたのに、受験票が「舞い上がる」わけはないですよね??

 

というか、

 

重力に反して舞い上がらせられるなら、マンション管理士試験なんて受けている場合ではありません。

試験会場に向けていた足をテレビ局に向けて、売り込みに行った方がいいです。

 

手を滑らせれば受験票は舞い降ります。

 

電池がなくなれば時計は止まります。

 

出かければ持ち物を忘れることもあります。

 

人と隣り合わせになるときは、ヘンな人が隣に座ることもあります。

 

生きていれば風邪もひきます。

 

火事が起きれば消防車も救急車も来ます。

 

心配なことがあれば眠れない日だってあります。

 

どれも何も不思議なことはありません。日常生活を送っていれば、必ず起きうることです。

 

そんなことで動揺して、試験に影響するなんてことがあってはもったいない。

 

そこで、最後に受験生の皆さんに贈る言葉がこれです。

 

「本試験では、必ず予想外の何かが起きます!」

 

繰り返し書いている通り、人間、「起きないはず」と思っていたことが起きると動揺してしまいます。

 

ですが、「予想外の何かが起きるんだな」という心構えさえあれば、仮にそれが起きた場合でも比較的落ち着いて状況を認識でき、目の前のことに集中できます。

 

ですから、万一何か起きた場合には、「想定外の事態」への対処まで広く含んでいるこの言葉を思い出して、「あ~、これが例のあの話ね。」と、ちょっと冷静かつ客観的に捉えてみて下さい。

 

人生何事もですが、大切なのは、生じた事実そのものではなく、「その事実にどんな評価を与えるか」です。

 

同じ事実が生じても、

 

その中心に入り込んで目一杯慌てて動揺してしまうのと、

 

事実を外から冷静に評価して、多少なりとも動揺を抑えられるのとでは、本試験の結果に天地ほどの差が生じます。

 

勉強をしっかりやってきたかどうか以上に、こういうところが最後に勝負を分けるのだということを忘れないでください。

 

さあ、執筆したテキストや学習会・収録等の講義、そしてこのブログを通じ、勉強面についても精神面についても、平柳がお伝えできることは全てお伝えしました。

 

あとは、限られた時間の中で一生懸命頑張ってこられた受験生の皆さんが、見事マンション管理士試験、管理業務主任者試験の合格という栄冠を勝ち取られることをお祈りするだけです。

 

年内には、恒例の個人的な本試験分析会を開催する予定でおりますが(詳細はまたブログで告知します)、ひとまず明日の朝7時~8時頃、最後のエールとしてブログを更新します。

 

本試験当日ですから、これまでよりは短めの予定です(笑)。またブログを見に来てくださいね。

 

泣いても笑っても今日一日です!頑張っていらっしゃる皆さん、最後の最後まで応援しています!!('-^*)/


ここまで読んで下さった皆さん

是非ひと押しずつお願いします!
↓ポチ ↓ポチ


◆合格ノウハウを詰め込んだ「マンション管理士・管理業務主任者 最速W合格法」はコチラ↓へ!


◆Amazonカテゴリーランキングでベストセラー「第1位」を獲得しました!有難うございます!「らくらくわかる!マンション管理士 速習テキスト2016年度版」はコチラ↓へ!