【管業】本試験前の最後のエール | 平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り

平柳のマンション管理士・管理業務主任者弾き語り

元LECの講師で、現在TAC、日建学院、ユーキャン、実務教育出版、中央経済社、Seep、わたべ塾等から依頼を受け、講義や執筆を行う平柳の日記です。マンション管理士、管理業務主任者を中心とした資格取得のナビゲートをしていきます。


テーマ:
皆さん、こんにちは。平柳です。

いよいよ管理業務主任者本試験の日がやってきました。

調子はいかがでしょうか。

緊張のあまりよく眠れなかった…という方もいらっしゃるかもしれません。

色々やりたいことがあったのに、十分にやりきれなかった…という方もいらっしゃるでしょう。

体調だけは万全でいきたいと思っていたのに、実は風邪気味だったり頭痛がしたりで体調が思わしくない…という方もいらっしゃるかもしれません。

でも、

緊張していたって、眠れていなくたって、勉強が終わっていなくたって、インフルエンザや風邪等で体調が思わしくなくたって大丈夫。

大切なこと、それは

気持ちだけは絶対に負けない!!

という強い想いです。

最後の最後は、「絶対に合格したい!!」という合格に対する強い気持ちが自分を一歩先へ押してくれます。

ここまで投げ出さずに頑張ってきたんです。

最後まで強い気持ちを持ち続けましょう!

昨日までに、「平成27年度マンション管理士本試験から見る管理業務主任者対策」として、問1~問45で問われた内容の要点整理+αを記事にしてきました。

今日の問題に関連するものもあるはずですから、「何をやったらよいかわからない」という方は、一読してみるとよいでしょう(ただし、わかるものだけ吸収すればよく、わからないものがあっても気にする必要はありません)。

なお、問45の熱交換型換気扇については、本試験の文言を前提に説明を書きましたが、説明がわかりづらかったため記述を全面的に修正しました。ただ、記事にも書いたとおり、ここは細かいので、スルーしても主任者試験の合否には影響ないと思います。

さて、これまでさんざん書いてきましたが、改めて、
本試験で気をつけて頂きたいこと
を軽く述べておきます。

一番大切なのは、「難しい問題・細かい問題でペースを乱されず、テンポよく問題を解く!」ということ。

特に問1から解き始める方は、民法でペースを崩されやすいですから、注意して下さい。

へんに考えすぎたりこだわり過ぎたりすることなく、「過去問レベルの基本知識」を武器に、「素直に」考えていきましょう。

見たこともない問題や肢は今日の本試験でも間違いなくたくさん出ます。

個数問題が数多く出題されることもあるかもしれません。

でも、どんな難しい問題でも条件はみんな同じです。

合格率も20%程度もあります。

だからこそ、わからないものは立ち止まらずに素直に「わからない」と保留して、次の選択肢、次の問題にどんどん進みましょう。

計算問題や個数問題は、「受験生のペースを乱すために」意図的に配置されていますから、決してそこで時間をかけ過ぎないようにして下さい。

自分が勝負できる問題・肢で勝負するという姿勢が大切です。

あとは、「本試験では何かが起きる」という心構えを忘れずに。

交通機関が乱れたり、救急車のサイレンが鳴り響いたり、隣の人がブツブツ言ったり、どこかでアラームが鳴ったり…いろいろな「何か」が起きます。

もし今日の本試験で、「よりによってこの本試験のときに…」と思うようなことが起きたら、この記事のことを思い出してください。

これまで皆さんが経験してきたとおり、人生いつだって色々なことが起きます。

人間ですから動揺もして当然です。

でもそんなときでも、「ああ、やっぱり起きたか」と思うことができさえすれば、それだけで動揺の影響は最大限抑えられます。

さあ、時はきました。

深呼吸をして、目を閉じながら、これまで自分がやってきたことを思い返してみて下さい。

仕事や家庭や学生生活など、勉強以外の色々なことがある中、皆さんはここまで本当によく頑張ってきました。

あと少し。あともう少しだけです。

もう一度「絶対合格する!」と心で強く念じて、持っている力を本試験に全てぶつけてきてください。

皆さんのご健闘、そして合格を心から祈っています。

自分を信じ、最後の終了の合図まで絶対にあきらめずに駆け抜けましょう!!

2015年12月6日
平柳 将人

ここまで読んで下さった皆さん

是非ひと押しずつお願いします!

↓ポチ   ↓ポチ

◆合格ノウハウを詰め込んだ「マンション管理士・管理業務主任者 最速W合格法」はコチラ↓へ!


◆増刷になりました!「らくらくわかる!マンション管理士 速習テキスト2015年度版」はコチラ↓へ!


ひらさんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります