NPO法人 平塚のら猫を減らす会

NPO法人 平塚のら猫を減らす会

神奈川県平塚市で「地域猫」「TNR」活動しているNPO団体です。
日々の活動報告や、地域での野良猫の現状などを書いています。
※詳しくはプロフィールをご参照ください。

NEW平猫instagramInstagramできましたNEW


保護猫や地域猫の日常風景をアップしています→こちら


永遠のアイドル【牛子ウシガラちゃんの部屋】→こちら


平猫ホームページができました


当法人へのお問い合わせは


HPよりお願いいたします→ こちら


amazon欲しいものリストができました!!

amazon活動に必要なものは→こちら


amazon子猫シーズン用は→こちら


facebook平塚のら猫を減らす会

フェイスブックページは→こちら

肉球 くろ肉球 茶トラ肉球 茶色肉球 くろ猫現在里親さん募集中の猫たち

ペットのおうちは→こちら



皆さまからの善意のご寄付は

のら猫たちの不妊・去勢費用、傷病治療費など

全額猫たちへの活動費として使わせていただいております。


【平塚信用金庫 神田支店】

普通 0016191

名義 NPO法人平塚のら猫を減らす会


【郵便振替】

00240-1-104573


NPO法人平塚のら猫を減らす会




いつも当会を応援、ご支援いただき誠にありがとうございます。

NEW !
テーマ:

2年ぶりの大きなイベントに参加させていただくことになりました。


〜日産遊人ぴあ2018〜


模擬店あり、ライブあり、日産のレアな車も見れちゃうご家族連れでも楽しめるイベントです。

皆様お誘い合わせの上お越しください♪


平猫ブースでは募金活動の他に猫グッズ販売、チャリティーカレンダー販売を予定しております。


詳細は日産車体株式会社様HPこちらをご覧ください。


【日時】

2018年10月21日(日)10:00~15:00

【場所】

日産車体株式会社 本社・湘南工場 第2地区構内 

最寄り駅 JR東海道線 平塚駅 

(神奈川県平塚市堤町2番1号)


テーマ:
野良猫のお母さん猫の避妊と同時に、皮膚トラブルの入院治療が必要となったために保護された白子猫たちも市役所譲渡会でステキなご縁に恵まれました。

この現場の様子はこちら


預かりをしてくれていたKさんからの報告です。
🔻
白猫ニャンズの唯一の男の子コロンちゃんをMさんと茅ヶ崎の里親さんのもとへお届けしてきました。

名前はふくちゃんになりました。

穏やかな慣れ馴れのコロンちゃんなので心配ないと思ったり、先住猫のまるちゃん(ノルウェージャン)と仲良くなれるかなと思ったり、ドキドキでしたが・・・
鼻挨拶してもらえました


物怖じもせずお部屋を探検してました。
その後ろをまるくんがふくちゃんのチェックをしてました。
まるくんと仲良し間違いなし!
安心して帰ってきました。

里親様、この度はふくちゃんを家族に迎えてくださり本当にありがとうございます。

これからも末永くお幸せに
まるくん、ふくちゃんをよろしくね!


今週末日曜日は
日産遊人ぴあです!!
平猫ブースでは募金活動、猫グッズ販売の他にチャリティーカレンダー販売も行います。

まだ平猫チャリティーカレンダー2019をゲットしていない皆様、是非この機会にお手に取ってご覧になってみてください♪

かわいい猫たちが365日日替わりで楽しめる平猫チャリティーカレンダーをぜひ一家に1部!会社にも!
猫好きな方へのプレゼントにも最適です🎁
チャリティーカレンダーの売上は全額地域猫活動費として大切に使わせていただきます。








テーマ:
昨日の現場同様に、猫の遺棄の絶えない場所へ捕獲作業に入りました。

捕獲にはOさん、Yさん、Sさんが行ってくださり、今回の対象猫は新規流入による耳カットのない猫たち4匹です。

この場所では、長年平猫の先輩会員さんたちがTNRに携わり、しっかりと管理をされて来られたので、管理事務所や給餌を行う餌やりさんたちとの連携が確立されております。

猫たちは新規流入以外は皆耳カットがあり、餌やりさんも熱心にお世話をしてくださっています。
餌やりさんの協力無くして地域猫は成立しませんので、術後の猫たちをみていただき、変わった事があればすぐに会員に連絡があります、

新たに子猫が捨てられた、などの情報も逐一管理事務所より平猫に報告が入ります。

毎日猫を見ている皆さんの目に勝るものはなく、新規猫の柄、体格、こんな風貌の人間が捨てて行った、などなど、ネットワークは強靭なものとなっています。
捕獲に出向いても対象猫が姿を現さずに空振りに終わる日もありますが、今回は給餌に通うご夫妻の多大な協力により無事にTNRが済みました。
他にもたくさんの相談案件を抱えている平猫メンバーをいつも陰ながら支えてくださりありがとうございます。

🔻この猫は突然ダンボールに入っているところを目撃され、その後一度ダンボール毎いなくなったそうです。

その後また現れたところを捕獲しました。
片目は白濁し不自由ですが、そこそこの体格があります。
猫に聞かなきゃなぜここに来たのかは誰にもわかりませんが、地域猫コミュニティに未去勢のオスが流入したら良い事はありません。

不要な争いやケンカで道路に飛び出すなどの事故を予防するためにも、早急な対応が必要です。

全ての猫たちを把握するSさん。
リリースは何度経験しても1番辛い瞬間です。

『元気に暮らして行くんだよ』


そしてもう一箇所、
🔻寒川在住の会員Fさんの現場(寒川町内)でもどうぶつ基金さんのチケットを利用しての捕獲作業が終了しました。

捕獲に関わった会員の皆様お疲れ様でした。


テーマ:
いつになったら遺棄が無くなるのでしょう。
平猫が推進する地域猫活動は猫のための活動ではなく、野良猫トラブルがある地域のための活動です。

ですが、こうして無責任な一部の人間によりせっかくTNRが完了していてもまた捨てられたら元の木阿弥。

増えて困るなら不妊去勢をしましょう。
たった一度の手術で捨てられる運命にある子猫はもう産まれません。

平猫では捕獲のご相談を随時受付ております。
一人で悩まず、何より増えてしまう前にぜひご相談ください。
一緒に猫トラブルを解決していきましょう。



平猫のベテラン会員さんたちが管理するTNRの現場は、人の居住区ではなくTNR後に地域猫として管理する住民がいない場所がほとんどです。

長年関わって来た事により個体を完璧に識別していますので、新規流入の猫がいたらすぐにわかります。

中には他から流れてきた猫もいますが、人間の手無くして猫だけでは辿り着かないような場所はほとんどが人間による遺棄と考えます。

TNRをし毎日世話に通い、長い年月が過ぎ猫も天寿を全うし減っていくかと思えば、こうして一部の心無い人間のせいで猫たちは不幸になり、TNRが済んでいる場所でまた捕獲をすることになります。

Kさんの管理する場所で新たに3匹捨てられたという情報がありました。

夜中や早朝にYさんが確認に行ってくれ、姿を確認できました。
こんな場所に突然連れてこられ
それでも猫たちは明日を生きるために必死です。
まだ若い子です。

他の1匹は人間に慣れていたようでKさんが保護してくれました。
(ご縁があり里親さんも決まりました)

目撃された兄弟と思われる猫もKさんが捕獲に入り、近くの猫たちも捕獲し計4匹を別のKさんが病院搬送してくれました。


兄弟猫もKさんが保護しました。
この子は臆病な性格で時間がかかりそうですが、これからは幸せに生きてほしいと願います。


増えて困るなら避妊去勢手術をしましょう!
たった一度の手術で、こうしてわけわからないまま捨てられる不幸な命を生み出さずに済むのです。

外猫たちに厳しい冬はすぐそこまでやってきています。

今までも何度も何度も言っていますが
動物の遺棄
動物を捨てる行為は犯罪です!
遺棄した人間については警察の方にお任せできても、遺棄されまだ見つからない猫は今も恐怖で隠れているのでしょう。

無責任な人間のツケを払うのはこの子たちではありません。

猫を捨てた人には必ず罪を償う義務があります。
人間の手によって不幸になる命を救えるのも人間です。

この現場の他にも同時期に捕獲作業に入っている場所があります。

その話はまた後日アップいたします。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス