減量に一応成功?!(4) | 司法書士ひらた中村オフィスのブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

司法書士ひらた中村オフィスのブログ

大阪市北区南森町の司法書士事務所です。

司法書士ひらた中村オフィスの中村です。

実践した減量方法ですが、巷よく言われている王道の手法で真新しいことはないのですが紹介します。

(1)有酸素運動を1時間程度

→自転車を漕いだり、散歩したりしました。がんばって早起きしてウォーキングすると案外気持ち良いことが分かりました。

また、仕事中で時間に余裕のあるときはちょっとした距離の移動(地下鉄1駅分など)を徒歩にしたりしました。


(2)昼食をなるべく外食せずコンビニ等で買う。

→昼食が毎日の楽しみだったのですが、なるべくコンビニで調達するようにしました。最近はパンなど糖質少なめのものがあったりと助かります。カロリーを把握する癖がつきました。(たま〜に魔がさしてカツ丼を食べに行ったりすることもあるのですが、時々食べるぐらいなら問題ありませんでした。)

(3)夕食で白米の量を減らす。

白ゴハンを完全にゼロにするのは無理なのですが、お茶碗半分ぐらいにするようにしました。

ただ、晩ごはんがカレーの日などはガッツリ食べてしまいました。

(4)毎日決まった時間に体重を測り記録する

→私は毎朝起きてすぐに計測しています。スマホで体重を記録するアプリがあったのでこれをダウンロードして毎日付けるようにしました。体重の変化を折線グラフで見られるのでそれなりの期間続けるとおもしろいです。

(5)その他

お酒は以前と変わらず飲んでいますが、私の身体では今のところ酒量は体重にあまり影響無いように感じました。

コロナが出てくる前は夜中でも飲食店が営業してたので飲んだ帰りに小腹が空いていて、ついお店に入ったりしたものですが、現在20時以降は基本的にお店がやってないのでこれは時期的に減量をアシストしてくれました。

(6)まとめ

色々と書き連ねましたが、ちょっとしたことをコツコツ継続して行くのが大切なのだと強く実感しました。

生活習慣を見直し、なるべく不摂生しない。(仕事のお付き合いなんかもありますし、完璧は無理ですが)

こうして減量してみると、以前着られなかった服が入ったり(逆にスーツがブカブカになってしまいましたが)、久しぶりに会った人からもシュっとしたねと言われたり嬉しいことがありました。

気を抜くとすぐ元に戻ってしまう気がするので、現在もできる限り食事と運動に気を使って生活しています。

いつになるか不明ですが、このコロナが落ち着いても暴飲暴食の生活に戻ることのないようにしたいです。


毎日ちょっとしたことが積み重なるだけでこんなに変わるんだと自分自身本当に驚きました。

減量したいと思っておられる方の参考になればと思います。