本人が外国にいる場合の在留資格(ビザ)の更新や変更の申請について。
 本人が申請できないのは当然だと思いますが、代わりに家族や行政書士が申請することができるかどうか?  

 これは不可能です。

 在留資格(ビザ)の更新変更申請では、本人が申請する場合でも家族や行政書士が代行する場合でも、(申請するときに)必ず本人が日本にいる必要があります
 また、許可が降りて入国管理局で結果を受け取るときも、本人が日本にいる必要があります。

※行政書士が代行する場合、申請や結果を受け取る際、本人が入国管理局に行く必要はありませんが、本人が日本にいる必要はあります


 ただし申請してから結果が降りるまで(審査期間中)、必ず日本にいる必要まではありません。
 つまり極端な話、「申請日」と「結果を受け取る日」だけ日本に戻ってくる、と言うことも可能です。

※ただし審査中は追加書類を求められることもありますので、外国にいる場合でもすぐ対応が出来る状況を作っておく必要はあります


 では在留期限までに「どうしても日本に戻って来られない」と言う場合、どうしたら良いか?
 新たに在留資格を取りなおす(「在留資格認定証明書交付申請」をやりなおす)しか無いかなと思います。

※ただしこの方法を取った場合、将来の永住申請のための「滞在年数」がリセットされてしまう、と言うデメリットがあります


在留資格・ビザ申請・永住・国際結婚の相談は・・・
平島国際行政書士事務所


AD