在留資格変更許可申請、在留期間更新許可申請で不許可になってしまった場合、どうしたら良いか?

 まずは入国管理局に不許可の理由を聞きに行きましょう。詳しく教えてくれます。
 ただ、何を聞けば良いのかよくわからない場合、事前に行政書士に相談したほうが良いかもしれません。

 理由が判明したら、再申請可能かどうかを判断しましょう。
 不許可の理由をきちんと払しょくすることができれば、再申請で許可が降りる可能性は高いです。
 たとえ在留資格が「特定活動」(出国準備期間)に変更されていても再申請は可能です(※ただし入管の相談カウンターで確認が必要)。
 再申請が可能だと判断できたら、再申請してみてください。

 理由によっては、これは再申請しても無理だな、となるかもしれません。
 その場合、他の在留資格に変更できないかどうか、考えてみましょう。
 もしかしたら他に該当する在留資格があるかもしれません。

 「再申請可能かどうか」、「他の在留資格に変更できないかどうか」・・・、良くわからない場合、どうぞ行政書士にご相談ください。在留資格には色々な可能性色々な選択肢があります!
 行政書士に相談することによって、新しい選択肢が見つかるかもしれません。



在留資格・ビザ・永住・国際結婚の相談は・・・

平島国際行政書士事務所








AD