外国人が日本人と結婚し、日本で一緒に住みたい場合、在留資格「日本人の配偶者等」を取得することになります。

 当然、結婚しても「日本で一緒に住まない場合」は必要無いものですね。
 「日本人と結婚」して、「日本で一緒に住む(住みたい)」外国人が対象です。

 また、「取得」と書きましたが、正式には「在留資格認定書交付申請」を行うことになります。
 ※すでに日本に(別の在留資格で)住んでいる外国人の場合は「在留資格変更許可申請」ですね。

 この在留資格を取得する上で入管が最も気にするのが「偽装結婚ではないか?」と言う点です。
 したがって少しでも偽装結婚の疑いがあるような場合、例えば交際してから日が浅い、年齢差がある、両者お互いの国の言語が話せない、日本人が相手の国に行ったことが無いなど、なかなか簡単に取得するのは難しい在留資格と言えます。

 逆に言いますと、申請する上で重要なポイントは「いかに偽装結婚と思われないか」と言うことになりますね。
※「偽装結婚を正式な結婚に偽れ」、と言う意味ではありません。当事務所では偽装結婚は一切取扱っていません。

 国際結婚全体の流れはこちらの記事をご覧ください。

在留資格・ビザ・永住・帰化・国際結婚の相談は・・・

平島国際行政書士事務所






AD