東アジア選手権2005韓国2005/08/07 男子

 韓国0-1日本


ここまで1分1敗の日本と、2分で一応男子優勝のかかるホーム韓国による最終戦。とはいえ、中国北朝鮮に2-0で勝ってしまったので、韓国は優勝のためには3点差以上をつけて勝つ必要があった。

立ち上がりからアグレッシブにくる韓国に対して、日本は手堅い試合運びを見せ、終盤に小笠原の右コーナーキックから中澤の左足(軸足)シュートが韓国GK李雲在の股を抜いて決まり、そのまま逃げ切って勝ち点3をGet!トータル勝ち点4として、北朝鮮を抜いて男子の2位に浮上。なんとか面目を保った、、、のかな?


別の見方をすると、海外組なし、国内組レギュラーもなしでも日本代表はそこそこの戦い方はできるようになってきたというところか?

でも今日勝てたのはたまたまコーナーキックのこぼれが、ゴール前につめていた中澤の軸足側に落ちてきて、トラップも持ち変える余裕もない中澤がそのままシュートしたら、李雲在のタイミングを外せて、その上股を抜けて入ったという超々ラッキーなもの。(^_^;)ゞ

まぁ、シュートは打たなきゃ入らないので、攻撃した事自体は良いのだけれど、、、なんか、ジーコのミステリアスラックに救われている気がしてならない。(^_^;)ゞ

願わくは、ワールドカップ本大会までに運を使い果たさないでいて欲しいものだ。(^_^;)


ちなみに韓国日本に負けたため、男子は2分1敗の最下位で終了。自国開催で最下位ってのはヤバイっしょ?女子が優勝しただけに、男子の最下位は目立つっつうかショックだよねぇ。こりゃ、ボン・フレーレ代表監督、首が飛んじゃうかも?(^_^;)