先日、取り付けが終わった、苫小牧市の既存住宅へのペレットストーブ取り付け写真です。

 

 

 

もともと、こちらの住宅には、フェイクの電気暖炉がございました。

 

ちょっと画像が不鮮明ですが、まえはこんな感じっ。

 

炎がめらめらと揺らめく、電気式の暖炉のフェイク。

もちろん、あったかくはなかったのです。

それが、暖炉のように埋め込まれていました。

そこへ、ストーブか、暖炉を設置したいという お客様のご要望がありまして。

今回のペレットストーブの設置になったということであります。

 

まずは、ストーブが入る大きさに、レンガスペースを作り替えます。

使うストーブは、シモタニのEM2。

 

大きさは、全自動着火タイプの国産ペレットストーブとしては、小ぶりですが、やはり、ペレットストーブは、構造上、どうしても、ストーブ本体の上から、燃料を入れなくてはなりません。

 

写真が横ですが。

(amoebaブログって、写真まわせないのかな( ;∀;))

 

本体よりも、すこし、お決めに、レンガスペースを開口しなくてはなりませんでした。

 

やっぱり、横だ( ;∀;)

 

そして、外壁側に煙突の出口をつくり。

 

こんな感じで、煙突を出しました。

薪ストーブに比べて 細い煙突。

 

こうして、完成したのが、ペレットストーブ暖炉風です。

 

見た目も、ほんとに可愛いですが、

なにせ、温かい。

こちらのお宅も、天井が高く、リビングダイニングが広いため、

瞬発力のあるペレットストーブは、本当に重宝しているとのこと。

燃料の配達もふくめ、これから 長いお付き合いをよろしくおねがいいたしますっ。

 

 

 

 

 

体験型ショールーム
平岡ベース
札幌市清田区平岡3条3丁目6-1
TEL 011-398-6862
FAX 011-398-6876
(10:00~19:00,水曜定休日)
HP www.hiraokabase.jp
MAIL info@hiraokabase.jp

AD