江別市にペレットストーブを取り付けに行ってきました〜〜。

{BB88CC43-D848-48AD-8ECE-946E928C6781}

今回のお客様は、リフォーム済みの住宅をご購入されたのですが、あったかいと言われたはずのこのお家が、すごく寒いそうで。

オール電化ですが、パネルの暖房費だけで月5万円オーバーということで。

いろいろ調べられた末に、ペレットストーブをご購入されました。

{57C9AF7A-0B4C-4CF5-9B02-E51BB9D5DF13}

まずは、仮置き。
煙突の位置を確認。
煙突の引き回しラインなどをかんがえます。

{7933DAD3-6EDB-4FE6-83C7-7F014F31A8C7}

{E5218FF2-6F9E-4E69-A1A0-75581BD7E9B8}

{6882CF31-0C07-442B-95DF-DAA92A82E0E3}

{C4B2E237-1669-4F00-93D3-73429E9A357B}

そして穴あけですね。

薪ストーブほど、大きな穴はいりません。

150ミリ程度の直径の穴で大丈夫なのが、ペレットストーブの良いところ。

穴さえ開けば、あとは、煙突をつないでいき、各所、コーキングや、ビス留めを施し。

{0F038DAD-6D62-4A49-BB22-43224AC26CE5}

煙突は、今回はこのように設置。

薪ストーブとは違い、煙突は、メラメラと熱くはならないので、引き回しの自由度は、高いです。

煙突を立ち上げたほうが、より、ストーブっぽいということで、立ち上げる方が多いような気がしますが、基本的に、外に出た煙突が、雪で埋もれなければ、OKなのです。

{FA9E0A9B-38ED-4563-9F59-E02B8AA1E90F}

こちらの地区は、積雪が少ないとのことで、今回は、ストーブの背面から、ストーン と、煙突を出しました。

{8985254D-AC2C-497D-9C5C-F65297D8E9F5}

そうして、取り付けから、3時間程度で、作業終了。

吹き抜けの大きな空間のあるオタクですが、明らかに、暖かくなりました^_^

お客様曰く、
もう、パネルヒーターのブレーカーを落としました^_^とのこと。

効果絶大。
癒しのペレットストーブ。
オススメですね。





AD