にこにこつうしん★平野東保育園

にこにこつうしん★平野東保育園

平野東保育園の行事や出来事、給食などつづっております(^^)


テーマ:

こんにちは。
平野東保育園です(^^)

今日は2月1日、節分の日です。
まずは節分のお話から。
恵方巻きを食べる意味を聞いたり、柊にいわしの頭を刺す魔除けの話しを聞きました。


鬼のお面をつけて赤鬼と青鬼のタンゴを踊りました!

鬼のお面もかわいいです!


今日の給食は「やこめごはん」「いわしフライ」「大根サラダ」「みそ汁」でした。
やこめごはんには大豆が入っていて、それぞれ節分に由来している行事食となっています。

そして今日のおやつは…

なんと!鬼の形をしたマドレーヌ!



乳児は乳児の大きさ、幼児は幼児の大きさで鬼の大きさが少し違います。
鬼の角はとんがりコーンで表現しています。


こちらはアレルギー児用のおやつです。


こちらは柊にいわしの頭を刺したもの。
鬼が嫌がると言われている魔除けのひとつです。


給食のサンプルもぜひ確認してみてください!


テーマ:

元気な歌声ではじまった誕生会

 

今月の保育士のだしものは

『どうぞのいす』のペープサート♪

 

みんな見入っていました。

 

 

 

その後は、誕生児のインタビュー

 

みんなの前で答えてかっこいい!

 

 

 

みんなでハッピーバースデーのうたをうたってお祝いしました☆

 

 

 

最後は、保育士によるおしょうがつあそびの名人芸『お皿回し』と『ししまい』でしめくくりました。

 

 

 

 

 

 


テーマ:

こんにちは。
平野東保育園です。

1月15日は鏡開きの日です。
日本ではお正月になると鏡餅を飾る習慣があります。
各ご家庭で鏡餅を飾られている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今でこそ中に丸もちが入ったプラスチックの鏡餅がありますが、昔は食用の餅で作った鏡餅を飾っていました。
食べ物を粗末にするのはもったいないということと、いつまでも家に飾っているわけにもいかないので、下げた鏡餅を皆で食べることにしました。
その日のことを「鏡開きの日」と言い、毎年お正月恒例の日本の伝統行事ともなっています。

鏡開き(鏡割り)は、正月に神様や仏様にお供え物をする鏡餅を下げ、その後お雑煮やお汁粉(ぜんざい)などにして食べる事となっています。
なぜ鏡開きをするのかと言うと、供えられていた鏡餅に力が宿ると言われています。
それ食べることによってこの一年を病気やケガに見舞われる事無く無事に過ごす事を願う風習となっているんです。
そして、その際に神仏に対して感謝を伝え無病息災を祈る日となっています。

保育園では鏡餅は飾っていませんでしたが、鏡開きの意味を知るために白玉だんご入りのぜんざいを食べました。

白玉だんごがきれいなぜんざいですラブラブ
とっても甘くておいしいぜんざいを園児たちの無病息災を祈っていただきました(^^)
ごちそうさまでした音譜


テーマ:

こんにちは、平野東保育園です。

 

今日はおしょうがつあそびを楽しみました。

 

けん玉名人に、こままわし名人の保育士の見本を真似てがんばります。

なかなかはじめから、上手くはいきません。。

しかし、繰り返し遊んでいると、どんどん上手くなってきます。

 

本当に子どもの吸収力は、素晴らしいですね。

 

他にもカルタや福笑い。

中庭では、羽根つきをしました。

 

また遊ぼうね。


テーマ:

こんにちは、平野東保育園です。

 

今日は、全児で近くの杭全神社にはつもうでに、行きました。

家族でもはつもうでに行ったよ。帰りは公園で遊んでん。お友だちと会ったよ。

なんてお喋りしながら歩いていました。

0・1歳児もしっかり歩きましたよ。

 

グループでお参りもしました。

今年も健康にすごせますように

 

全児で散歩がてらいい体験ができました。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス