こんにちは。

 

もうすぐ進級・進学の時期ですね。

ふと、我が子が小学校から中学校へ進学する時の事を思い出しました。

うちの子は、起立性調節障害を小学4年生で発症していました。

小学校を卒業するころには、学校と何度も対話をして、病気の理解を得ることが出来ていました。

 

ただ、進学する先の中学校はどうなのだろうと不安でした。

過去ブログ「伝えるということ」にも書いていますが、

小学校に在籍している間に、先生に気持ちを伝えてみました。

「中学校に入ってからが不安です。」と

すると、小学校の校長先生から中学校の校長先生に連絡して下さって、

中学校の校長先生と面談の約束をして下さいました。

 

当然、これは自治体や学校によってどこまで出来るかは違うと思います。

過去ブログ「学びUP↑講座」でも書きましたが、

それぞれの自治体が抱える課題は少しづつ違います。

それぞれの自治体で出来る事、実施している事は違います。

まずは学校に相談してみること。

担任だけでなく、学校の中に話しを聞いてもらえる先生を見つける。

ということです。

 

中学校の校長先生は、私の不安な気持ちを汲みとってくださり、何が不安なのかをきちんと聴いて下さいました。

そのうえで「入学してくる4月には今と体制が変わっていると思うから、4月になって体制が決まってからもう一度お話ししましょう。」という約束をして下さいました。

 

小学校の卒業式では、

本人が式に出席したい気持ちが強い事。

途中でしんどくなって退席するかもしれない事。

思春期なので、大勢の前でしんどくなったり退席することが気持ち的に難しいかもしれない事等を学校側とお話しをして、

本人ができること。

学校が出来ること。

親が出来ること。

を本人の気持ちを聞きながら一緒に考えて工夫しました

 

そして、中学校とも約束通り、4月に入ってから新しい担任の先生と養護教諭の先生が入って面談して下さいました。

本人が式に出席したい気持ちがある事。

本人が不安に思っている事。

本人が配慮してほしいと思う事。

本人が出来ること。

学校が出来ること。

親が出来ること。

を本人を交えて一緒に考えて工夫しました。

実際に式が行われる体育館にも入って、

立ち位置はこの辺りになるとか、

しんどくなったらどこにいるどの先生にどのように合図を送るのか、

そして、体育館からのトイレと保健室の位置を確認して、

しんどくなっても大丈夫だよ。

と本人に伝えることが出来ました。

 

ただ、これは起立性調節障害だからということで、

ひとくくりに出来ない対応だと思います。

起立性調節障害は、それぞれ、症状も程度も違います。

そして、本人の気持ちも当然違います。

なので、同じ症状、同じ程度でも、本人の気持ちによって対応が違ってくるのは当然なのです。

そして、「学びUP↑講座」でも書いていますが、それぞれの学校で出来ることは違います。

なので対話が必要になってくるのです。

 

 

私の市では、教育委員会として起立性調節障害について理解して下さり、現場でも対話を通じて個別対応してくださる学校や先生が方は多くいます。

それは、NPO起立性調節障害ピアネットAliceさんの今までの活動や様々な先輩方の活動のおかげでもあります。

 

最近SNS上で、いろんな相手に批判的・攻撃的な内容を書いている方がいらっしゃいますが、心配しています。

「私はこんなことを学校や教育委員会に言ってきたニヤ

「学校はこんなことを言ってきたニヤ

そのような事を書いている記事を見かけます。

子どもが好きで、子どものために理解して個別対応していても、SNS上で批判的・攻撃的な内容の記事をみてたくさんの「いいね」を見た理解者はどのように感じるでしょうか?
SNS上で批判的・攻撃的な内容の記事を書いていると気持ちが攻撃的になり、現実でも様々な場面で対立という関係しか築けていないのではないでしょうか?

SNSと現実の関係は違うと思います。現実では、ちゃんと対話という事を積み重ねることが出来ます。

「私は今こんな事で不安を感じています。」と伝えてみましょう。

そして、どのように解決が出来るのか一緒に考えてみましょう。

なかなか学校側が理解してくれない。

そのような時には、先輩方の話しを聞いてみましょう。

学校全体が理解してくれないのか?

それとも話している相手がたまたま理解してくれないのか?

他に学校の中で理解してくれそうな職員はいないのか?
たくさんの解決方法があると思います。

 

学校とどのように関係を作ったらいいか分からないえー?

それは起立性調節障害の子を持つ多くの保護者様が感じられる心配事です。

親の会では、先輩方の多くの智恵が集まっています。

 

私はNPO起立性調節障害ピアネットAliceさんが主催するAliceの会で先輩方から教えてもらったことがあります。

「担任だけじゃなくて、学校の中に誰かひとり、みかたを見つけるといいよ。ほっこりと。

 

 

本人の気持ちを第一に尊重して、

本人が出来ることはどんな事か、

学校が出来ることはどんな事か、

親が出来ることはどんな事か、

一緒に対話をしてみてはどうでしょうか?

 

 

皆さんの不安が少しでも和らぎますようにクローバー