虎渓山 永保寺にゆきました | ひらまつ耳鼻咽喉科の公式ブログです。    

ひらまつ耳鼻咽喉科の公式ブログです。    

よくあるご質問への回答や、スタッフのつぶやきなどを掲載していきます。


テーマ:

 日曜日にどこにも連れてゆかなかったので、イヌは今日とぞばかり、一昨日の朝は動くたびに顔を見える位置に座り込み圧力をかけてきます。多治見にある修道院は行ったことがないので行こうかという話が出ました。イヌ連れだし、入ることもできないし無理かなと思いながら、ネットでさらに、1時間程度で行け、今までに行ったことない場所、しかもイヌ連れでもよく散歩できる場所を検索を続けると、近くに庭がとても有名な永保寺があることがわかりました。修道院は車の窓から見ることにし、木曽川インターから東海北陸自動車道に入り、名神高速道路を経て中央自動車道の多治見インターで降りる約1時間の行程で多治見に出かけました。

 

 永保寺はJR中央本線の沿線にありました。寺近くに行くと「この先に観光駐車場はありません」の表示があります。どうしたらいいのかわからず周囲をぐるぐるし、困って見つけた案内図の看板で確認すると踏切のわたる前にあるようです。駐車場は道路を挟んで、両側にありました。どうして分からなかったのかと思うほど広かった。その割にはここが永保寺の駐車場であるという表示が目立たず通り過ぎるのも無理ないなと改めて思いました。

 

 寺内には国宝に指定されている建造物がありました。 室町時代の建築だそうです

庭は本当に見事でした。足利尊氏に関係が深い夢窓疎石が設計したそうです。

 

 そのほかに大銀杏や陶器製の灯篭がありました。

さすが陶器の都、多治見です

境内を抜けると、土岐川が流れています。いいところでした。

 

 見学に来ている人は少なく、イヌを連れの方もいました。見応えのある光景で、散策でき、山を登ると近くに虎渓山公園にゆくことができるます。地図ではとても広いようですが、今回は駐車場からかなり離れてしまうので入り口まで行って帰ってきました。イヌの散歩には十分と思いしたが、家に戻るとすぐにまた散歩に連れてゆけコールです。我が家のイヌは名勝旧跡より山歩きのように自然に触れ合う散歩の方を望んでいたようです。。。。。

ひらまつ耳鼻咽喉科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス