「みどりの窓口」からの解放? | ひらまつ耳鼻咽喉科の公式ブログです。    

ひらまつ耳鼻咽喉科の公式ブログです。    

よくあるご質問への回答や、スタッフのつぶやきなどを掲載していきます。


テーマ:

 この時期に、例年、会議のために、東京へでかけます。先日の日曜日もそうでした。

 

 せっかく、高い交通費を払いでかけるので、会議後には美術館巡りをしたり、友人とあったりする時間をとるようになりました。新幹線の指定席確保のために、帰りのきっぷも出かける前に、みどりの窓口にて購入していました。少し遅めの時間帯に指定しておいて、早く帰ることになれば東京の駅で再びみどりの窓口に並び変更していました。混雑している時もあり、やっと順番が回ってきくると、適切な時間がなくなっていることや、あっても3人がけの真ん中の席しかないことなどがあり、どっと疲れていました。ため息をつきながら、家族に愚痴っていると、EXを使うと解決するよと言われました。

 確かに便利そうですが、年会費が必要で、本当にうまく使えるか不安でためらっていました。じゃ、その簡易板の会費不要のスマートEXで試してみたらと言われ、不安のままとりあえずスマートEXに登録しました。そこにスイカなど交通系ICカードも登録するときっぷも不要となるようなのであわせて登録しました。

 スイカは東京での乗り降りにその都度きっぷの購入は煩雑なので以前に購入していました。スイカはJRならば東海でも使用できるので名古屋にゆく時にはきっぷの購入が不要となっていていました。名古屋の地下鉄でも使え、確か京都でも使えたような気がします。どんな仕組みになっているのだろうと不思議になります。

 

 今回の東京行きはPCからスマートEXで予約してみました。帰りは東京でスマホからすることにしました。これは基本新幹線の利用予約なので、名古屋へ行くのにはスイカが利用できるか、東京での乗り継ぎはどうしたらよいかと次々に疑問が生じ不安になりました。JRのホームページで調べてみると、このような疑問に対する問答集がありました。本当にうまくゆくのかな?

 

 東京には時間厳守で着かなければ困るので、本当に不安でした。

 スイカを使い名古屋へ行き、新幹線の乗換え口でタッチすると、確かに、プリントされた利用票が出てきました。驚きというより感動的でした。

 もちろん、東京での乗り継ぎも問題なくできました。帰りはスマホで、いつものように遅めでまずスマートEXのアプリで予約しました。もちろん、座席の空き状況を確認できます。帰るのが少し早まりましたので、新幹線乗り換え口に入る直前に変更してみると当然のことですがうまく変更できていました。

 

 技術の革新は本当にすごい!!基本的にはアナログ派の私には、ついてゆけない時代、ストレスが多い時代にどんどん進んでいっているようです。

 

 

ひらまつ耳鼻咽喉科さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス