改めて「睡眠中にも注意を」 | ひらまつ耳鼻咽喉科の公式ブログです。    

ひらまつ耳鼻咽喉科の公式ブログです。    

よくあるご質問への回答や、スタッフのつぶやきなどを掲載していきます。


テーマ:

 『人は、一晩の睡眠中に、およそコップ一杯分の汗をかくといわれています。暑い部屋の中、クーラーなど温度や湿度対策をしないで寝てしまうと、睡眠中の汗の量はコップ一杯どころではなくなります。とくにジメジメした状態で寝てしまうと、手や足、体が湿ってしまい、体温が体温も下がりづらくなります』と、2年前の8月に睡眠中の脱水についての注意を書きました。

 

 先日の日曜日は休日診療担当日でしたが、熱中症と言ってもいいような脱水症状で来院された人が少なくありませんでした。この中に朝起きてからあるいは昼寝から起きてから調子が悪く発熱したという方もおられ、塩を舐めさせ水分を補給したり、OS-1のような経口補水剤を飲ませるだけで、解熱し元気になる方々もおられました。また、調子が悪いまま車に乗せてもらったり、仕事に出かけるために車に乗ったりして、めまい、吐き気を催して来院される人が翌日にも来られました。これも経口補水剤を飲ませるだけで、ある程度の改善が見られました。起きた時にはあらかじめ水分補給や少しの塩分摂取をしておいたほうがいいかもしれません。

 

 改めて、睡眠中の脱水に、ご注意を。。。。。。

ひらまつ耳鼻咽喉科さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス