沖縄 名護 ビオスチーム&天城流湯治法☆neo-natural beauty salonあおみどり カラダとココロ整えよう!

沖縄 名護 ビオスチーム&天城流湯治法☆neo-natural beauty salonあおみどり カラダとココロ整えよう!

令和3年3月20日、名護市営市場に『salonあおみどり』オープン!オーナーセラピスト、マサコのブログ。
シェアサロンとして現在4名のセラピストが曜日ごとに担当。
火金土曜は、私「マサコ」が担当。
天城流湯治法湯治士(89期)。ビオスチームセラピスト。

令和3年3月20日、名護市営市場にオープンした《salonあおみどり》オーナーセラピスト、マサコです。

 

2014年4月に沖縄に移住してきました。

沖縄での仕事として、セラピストになって、大手サロン勤務を経て7年目です。

 

以前は16年位、写真関係の仕事、広告写真のアシスタントや卒業アルバムの制作会社でカメラマンやっていました。センスがイマイチで写真が下手すぎて納得いかず、辞めました💦なので写真は今でもトラウマです(笑)

 

2018年、首里の自宅サロンから、2020年の休業、名護に移り住み、我部祖河の自宅サロンを経て、4年目にしてやっと店舗オープンにこぎつけました。

 

大手サロンで働いていた時は、正直、生活の為に多少興味があったから、という程度でやっていた仕事ですが、やっているうちに、もっと根本的に解決できる位の技術が欲しいと思うようになり、天城流湯治法の門をくぐります。同時期にサーフィンの代わりの運動にフラをやろうと「踊る」ことも始めたこともあり、何故かどんどんいわゆるスピリチャルな世界に足を踏み入れるようになりました。

 

元々、目に見えない世界の事はまったく信じられない現実主義なタイプで、非科学的で根拠の無い施術には嫌悪感を抱いていましたが、知り合う人が本当に何故かそちら系の方が多く、発酵菌や水、植物の勉強を通して、自分で体感したり、科学的な説明を見聞きする様になり、宇宙の法則として理解するに至りました。

 

そうこうしているうちに、大手の制限された環境が窮屈になり、自分の身体で体験していいと思ったものや方法をオススメしたい!共有したい!ということで自分の世界観を表現できるサロンを首里の自宅で始めました。

 

とは言っても、そう簡単に生活できる程の収入を得ることが出来ず、試行錯誤が続き、コロナの序盤で呆気なくサロンを閉めざるをえなくなり、職と住処を転々とし、名護にたどり着きます。

 

心身ともに疲れ果て、どうにもならない程でしたが、何故かまたサロンをやろう、という気になり、というか、それしか出来ないと悟り、名護、我部祖河のワンルームのアパートでサロンを再開しました。

 

2020年10月の再オープン、少しづつですがお客様を迎えることができ、もっと良い環境で施術を受けてもらいたい、とスペースを探していたところ、2月に名護市営市場の物件に出会います。

 

サロンの前には「井戸」があります。

その脇には大きなサガリバナの木があり、今、まさに花を咲かせ始めました。

 

水と井戸

植物とサガリバナ

発酵菌とコロナ

 

時代の節目の2021年令和3年3月20日春分の日に、名護の生活の中心の市場にオープンさせていただき、

目に見えないものに支えていただいている感があります。

 

リラクゼーションというと、セラピストが人を癒すとか治すとか、そういうイメージですが、《salonあおみどり》では施術を楽しんでいただき、心と身体の心地よさを感じていただけたらとおもいます。また、セルフケアも含めたメンテナンスの大切さを知っていただき、衣食住という日常生活の中で自分を大切にする事を実践して《自分の心身は自分で治す》方法を知っていただけたらと思います。

 

本当の意味で自分を幸せにできるのは自分しかいないのです。

 

現在は4名のセラピストと共に、名護のリラクゼーション界に旋風を巻き起こすべく、奮闘しています!

皆様のご来店心よりお待ちしております。